ベジフルライフ・ストーリー〜野菜ソムリエの活躍〜

田中 トウコさん(野菜ソムリエ)

笑顔の野菜ソムリエ! 楽しんで野菜を食べる人をもっと増やしたい

●活動は楽しいことが大前提


野菜ソムリエ 田中トウコさん
(アクティブ野菜ソムリエ認定)

「とにかく『楽しく伝える』が私の基本です。『勉強!』という姿勢だと頭に入らないことだって、感性をくすぐれば自然と覚えてしまうものです」

 開口一番、満面の笑顔で話してくれたのは、野菜ソムリエの田中トウコさん。その言葉のとおり、田中さんの講座は明るく楽しく笑顔が絶えません。ベジフルビューティーアドバイザーの資格も持つ田中さんは、主に『野菜とインナービューティ』を裏テーマに『想いを巡らせながら食べてみる』という切り口で話をします。

「栄養学的な根拠に基づいた話はしますが、難しい話は敢えて避けています。まずは楽しく食事をして、気づいたら一日350gの野菜を食べ、いつの間にか健康になっていた。そんな良い意味での適当さが大切。『健康のための義務』と考えたら長続きしませんから」



●立ち止まり思い出した野菜の魅力


ワークショップにて。アスパラと一口にいっても種類は豊富

 田中さんが野菜ソムリエを目指したのは、じつは身体を壊したことがきっかけでした。

「当時勤めていた広告代理店の仕事が多忙を極め、心も疲れていたんです。会社を辞め、心の向くままに好きなことをしようと決めました。そんな中思い出したのは、10数年前に訪れたフランスでの体験です。現地で食べた簡単な野菜料理がとても美味しく、素材の素晴らしさが脳裏に焼き付いていました。そこで目に止まったのが野菜ソムリエです」

 好きこそものの上手なれ。ジュニア野菜ソムリエの資格を取得した田中さんは、その後ベジフルビューティーアドバイザーなどの資格も取得。青果物や食と健康に関する知識を深めていき、縁あってフードプランナーとしての活動を始めることになりました。


種類や産地で食味がちょっとずつ違う。素材の特徴を生かし、目にも美味しいレシピを提案

「ワークショップやイベントで様々な人たちと出会い触発され、もっと深く野菜のことを知りたいと思うようになり、上級講座を受講しました」

 田中さんは2010年に中級の野菜ソムリエの資格を取得。直ぐに、アクティブ野菜ソムリエの認定を受け、活躍の場を広げていきました。



●楽しさがあれば野菜の魅力はもっと伝わる


ベジ*タベル・ラボではテーマ野菜を主役にしたレシピのレッスンをします

 田中さんの野菜ソムリエとしての活動は企画プロデュースや執筆活動など裏方が中心ですが、表立っては食のワークショップや野菜講座で活動しています。中でも注力しているのが日本野菜ソムリエ協会認定料理教室「ベジ*タベル・ラボ」。旬の野菜や果物を『大地が生み出すアート』としてとらえ、多角的に感じながらおいしく楽しく食べてもらうワークショップです。

「『楽しさ』があれば一見全く違う世界でも野菜について話すことができます。たとえばアートとは発想すること、表現すること、生み出すことです。見方を変えれば、農家さんもアーティストなんですよ。こんな切り口から話をすれば、野菜そのものに関心のない人も農作物に慈しみをもってくれます」

 田中さんは野菜の来歴やサイドストーリー、品種の紹介から料理法までを話しています。また、からだで覚えることも大切だと伝えています。

「机上の話で講座が終わらないよう、実際食べてもらう。味覚の形成には経験も影響します。楽しい記憶をつけることで、その野菜が好きになるんですよ」



●今楽しいことを全力でやりきる


「参加者が楽しいと自分も楽しい」。それがトウコスタイル

「野菜ソムリエになり、自分が『何を知らないか』を学びました。資格を取って自分に一つ引き出しが増えただけ。これからそこに何を入れるか、どんな引き出しにするかは自分次第です」

 田中さんに今後の目標について伺うと笑って答えました。

「具体的な目標は特にありません。人生計画通りにはいかないもの。今は流れにまかせて生きようと思っています。自分が楽しく活動すれば自然と人は集まり、最適な方向へ向かうかと。目標とは少し違いますが、楽しんで野菜・果物を食べる人は増やしていきたいですね」

「肩の力を抜いてユルく」がモットーという田中さんですが、以前はキッチリした完璧主義者だったそうです。


柏の葉マルシェの青空ワークショップで「ぐるぐる棒焼きパン」づくり。こちらに参加して野菜嫌いでなくなった子供たちも多数

「そのときはそれが楽しかった。本質的な部分は変わっていないのかも。今も楽しいことをただやるだけです」

 終止笑顔を絶やさなかった田中さん。野菜や果物の魅力もさることながら、楽しく話す彼女に惹かれ、野菜を好きになる人が今後も増えていくでしょう。


○ベジ*タベル・ラボ organic beautyへの道
http://urahara-tanaka.sblo.jp/
文:ジュニア野菜ソムリエ 橋本哲弥
写真提供:田中トウコさん