「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2014年12月22日

お餅のふしぎ

みなさま、こんにちは!
佐賀県を中心に活動している食育マイスター前田成慧(まえだなりえ)です。
年の瀬も押し迫ってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

この季節になるとお餅入りの温かいお鍋やおでん、
お正月にはお雑煮、ぜんざいなど食べたくなります。

日本には古くからお餅を食べる習慣があります。
今でこそ、一年中お餅はスーパーで売られていますが、
むかしは「ハレ」の日にしか食べられなかったお餅。

そのパワーご存じですか?

もともとお餅とは神様に捧げる神聖なたべものでした。

神様のたべものがお餅。そして神様が餅に宿ると考えられており
お正月やお節句、誕生日、季節の行事や祝日など
「晴れの日」にお餅を食べることで神仏から祝福される
という信仰があり、その風習が今でも引き継がれているのです。

お餅は稲作伝来とともに東南アジアから伝わったといわれており、
平安時代には様々な年中行事の儀式でお餅が使われるようになっていました。
正月の鏡餅が始まったのは室町時代。雑煮を食べる風習もこのころ始まりました。
江戸時代になり庶民の日常食(菓子)として餅が広まったとされています。

神様と人を仲介するものがお餅であり
神様のパワーをあやかるために餅を食すのが餅の文化なのです。


かがみもち.jpg
(掲載:月刊情報誌 itいっと 12月号)


鏡餅について
鏡餅はお正月に稲作を守る歳神様へのお供えとして飾ります。
「三種の神器」のひとつ鏡には霊力があるといわれており、
餅を神の宿る鏡にみたてて作ったものが「鏡餅」だと言われています。
新しい歳神さまを招きいれて鏡餅に宿っていただいたのですね。
丸を重ねる餅はめでたさを表し、歳神様に供えた餅を神棚から下ろしお供え物をいただくことで新年の健康と良運と、無病息災を祈る気持ちが込められています。
又、餅は長く延びて切れないことから、長寿を願う意味も含まれています。


鏡餅どこに飾るの?
床の間に大きな鏡餅を置き、各部屋には小さな鏡餅を置くのが一般的です。
(仏壇・天神・恵比寿・水神・かまどの神・蔵・荒神・農機具などにも)
置く場所はあなたにとって大事な場所に置いてほしいです。
職場やキッチン、車の中などに置いて1年の安泰を祈願するとよいでしょう。


鏡餅いつから飾るの?
飾り始める最良の日は28日からだと言われています。
8は末広がりの数字。29は9(苦)がつくので良くない日。
門松などもそうですが、31日から飾る一夜飾りは避ける地域が多いようです。


鏡餅いつまで飾るの?
1月11日の鏡開きの日、雑煮やぜんざい・汁粉などを作って、
1年の健康や幸せを願って家族みなでお餅を食べましょう!
お餅を食べると力を授けられるといわれています。
つまり飾るだけでなく食べてこそ、鏡餅の意味があるということです。
お餅を刃物で切ることは切腹に通じるので不吉であるとして叩き割る風習が残っています。


飾り方の一般的な例
白木の三方(供え物の台)に紅で縁取った半紙(四方紅)を四方に垂れるように敷き、裏白(シダ)と譲り葉を四隅に出してを置きます。大小2つの丸餅を重ね、その上に串柿・干しするめ・橙・昆布、伊勢えびなどを飾りつけます。鏡餅の飾り方には地域によって様々あり、串柿が無い地域や、餅と餅の間にゆずり葉を挟む地域、昆布とスルメを細かく切ったものを米に混ぜて半紙でくるんだ物を乗せる地域などもあります。


飾りの由来
■橙(みかん) → 子孫が代々(橙=ダイダイ)栄えるように。また、木から落ちずに大きく実りが育つことにあやかる。
■御幣(ごへい) → 四方に大きく広がり繁栄するように。紅白を使うのは魔よけの意味もある。四手(しで)ともいう。
■四方紅(しほうべに) → 鏡餅を乗せる色紙。四方を紅で縁取ることで天地四方を守り災いを払い一年の繁栄を祈願
■裏白(うらしろ) → 古い葉とともに新しい葉が次第(しだい)にのびてくることから末永く繁栄するようにという縁起を担ぐ。「久しく栄えわたる」「長寿」「夫婦円満」また、葉の裏が白いので後ろ暗いところのない清浄の心を表します。
■寿留目(するめ) → 寿とは、幸せのこと祝事を表す言葉です。
日持ちがすることから幾久しく。噛めば噛むほど味が出るという意味があります。
■昆布 → 「よろこぶ(んぶ)」
■海老 → 腰が曲がるまで長生きできるようにと祈ると言われています。
■扇・末広(すえひろ) → 末広がりに、末永く繁盛していくことを願う。
■干し柿 → 収穫の喜びがこめられ、五穀豊穣の意味があります。
2つ、6つ、2つ、の並びになっており、いつもニコニコ、睦まじく(むつまじく)いつまでも仲が良く愛情に満ち溢れる様にという意味もある。
■ゆずり葉 → ゆずり木は新しい葉が成長してから古い葉が落ちることから
家督を子孫に譲るのを祝う意味があります。または「家計が絶えない」

形式にとらわれず、鏡餅を思い思いの飾りつけで楽しんでほしいです。


お餅は色も白く、味も淡泊なのでアレンジし放題です。消化吸収が緩やかな点、
アスリートに向いているなどお餅の素晴らしさに気づいた今日この頃です。


餅写真.jpg

創業86年つづくお餅屋に嫁いので毎年、年末お正月餅を作って頑張っています。
みなさま、良いお年をお過ごしください。


※「月刊情報誌 itいっと 12月号」に掲載の画像は、
発行元に掲載の承諾許可を頂いた上で掲載いたしております。

◆◇食育マイスター養成講座公式サイト◇◆
http://shokuiku-m.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読