「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2011年12月 1日

思春期の食事

こんにちは。食育マイスターの南谷志保です。

先日日野市立日野第四中学校にて家庭教育学級の講師を務めさせていただきました。
講座のテーマは『思春期の食事~子供のイライラ・クタクタを解決~』。
このテーマを基に、在校生の親子・保護者を対象に調理実習を行いました。

まずは思春期の子供達にありがちな問題点を『キーワード』としていくつか掲げてみました。ちょうど我が家にも同じ年頃の娘が3人おりますので、娘達を見ていて普段から感じていることなども参考にしました。

掲げたキーワードは『イライラ』『疲労回復(部活でクタクタ)』『ダイエット(痩せたい願望・間違った思い込み)』『美肌(にきび)』『貧血』『低体温』『朝ごはん(ダイエットとして抜く・ギリギリまで寝ていて食べる時間がない)』などです。

そのキーワードを基にして食事での改善方法を考え、いくつかのメニューを提案しました。
調理実習には予算もあるので、メニュー数も限られてきます。
ただ誰でも手に入りやすく、栄養価の高い旬の食材を使うことは意識しました。

提案したメニューは...
111201-01.jpg
・生姜ご飯
・生姜ご飯のアレンジチャーハン
・切り干し大根の棒棒鶏風サラダ
・クリームチーズとヨーグルトのムース 簡単リンゴソース添え
・ビューティジュース

ご飯ものが2種類あるのは、『がっつり食べたい思春期VSあっさり食べたい家族』用です。
あっさり食べたい家族用に炊いたご飯を思春期向けにアレンジしました。

切り干し大根は栄養価が高く歯ごたえも良いので、しっかりと噛んでイライラを解消。

ビューティジュースは思春期のお子さんだけでなく、家族みんなの健康のために。(私はベジフルビューティアドバイザーでもあります)

お子様3名を含む25名の皆様が参加して下さいました。
111201-02.jpg

参加して下さった皆様はさすが家庭を守る主婦。とても手際が良かったです。

講座では「野菜ソムリエ」で学んできた知識も大いに役立ち、お陰様で参加して下さった皆様には大変喜んでいただきました。

小さい頃は「お母さん!お母さん!」とベッタリだったのに、思春期の今や必要最小限しか口を聞いてくれないことも。日によっては返事さえ面倒くさそうだったり...そういう時期だからこそ「食を通して親子のコミュニケーション」をとってもらえたら...同世代の子供を持つ同じ母親として、そんな願いを込めた講座でもありました。


食育マイスター南谷志保のブログ...http://yaplog.jp/mahokichi_829/

食育マイスター養成講座HP
http://shokuiku-m.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読