「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2010年11月19日

食育講座「おむすびを握ろう!」

こんにちは。
食育マイスターの南谷志保です。


先日千代田区立富士見小学校の4年生とその保護者の皆さんを対象にした食育講座「おむすびを握ろう!」の講師を務めさせていただきました。


「おやつ」はお子さんの楽しみの一つでもあります。
うちの子供達も幼稚園や小学校から帰ってくると「今日のおやつ何?」と毎日質問をし、私の答えに一喜一憂しました。(笑)そしておやつを食べながらその日にあった出来事を話してくれ、日によってはちょっと疲れて帰ってきたけど、「おやつ」を食べることによってまた元気になり、晩ご飯の時間まで元気に遊んだり、宿題をしたり、習い事に行ったり。
「おやつ」は「楽しみ」という側面の他に「栄養補給」「気分転換」「団らん」といった意味ももつそうです。特に小さいお子さんは一度に沢山の量を食べることが出来ません。なので食事の回数を増やす意味合いでの「補食」の役割も果たしているそうです。
ただ、成長してくると...例えば市販の袋菓子なんかも1袋を1人でペロッと食べられるように...いくら「補食」の意味合いがあったとしても、それだけでカロリーオーバーなんていうことも。


そこでお米の良さを見直し、お家の人が忙しくても炊いたご飯さえあれば自分でおむすびを握り、それをおやつとして食べられるようになれば「スナック菓子要らず!」というテーマで、実際にみんなで「おむすび」を握っていただきました。

握ってみる前に「今までおむすびを握ったことのある人?」と質問をしたところ...半分以上の子が手を挙げてくれました。
みんなちゃんとお手伝いをしているようで、とても感心しました。


用意させていただいたのは...千葉県産の新米「こしひかり」に千葉県産の海苔。梅干し・おかか・鮭・塩昆布・そして白胡麻と黒胡麻。
お米は給食室でとても美味しく炊いていただきました。
「好きな具で好きなように握ってみよう!」
そして個性豊かな「おむすび」が沢山出来上がりました。
onigiri-003.jpg
onigiri-004.jpg
自分で握った「おむすび」は、今までで一番美味しかったそうですよ!
そしてこれからは自分で握ってみる!という声をたくさんいただきました。
毎年この講座の後は遠足があるそうですが、お弁当のおむすびを自分で握ってくる子も多数いるようです。

みんな本当に楽しそうで、それを見守る保護者の方々はとても嬉しそうで...そんな様子をみせていただくたびに、この資格を取得して「食育マイスター」として活動できることを本当に嬉しく思います。

関係者の皆様、ありがとうございました。


食育マイスター南谷志保のブログ
http://yaplog.jp/mahokichi_829/


食育マイスター養成講座HP
http://shokuiku-m.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読