「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2010年11月10日

食事と清潔感

こんにちは。
食育マイスターの大内佳和です。


私は、食事を作る上で、最近、特に気をつけていることがあります。それは「清潔感」
食育のお話をするときには、どちらかというと食事の内容の話題が多いのですが、その前提条件として食卓が清潔であることが大切。


例えば、外食をしたときなど、どんなに料理がおいしくても、お店のカウンターにとても汚い雑巾のような台ふきんが置いてあった場合、いい気分で食事をすることはできませんよね。お店の出入り口付近にゴミが置いてあったりしたら、そのお店はゴミの印象しか残らなくなってしまうこともあります。


食卓でもいっしょ。どんなに素晴らしい食事を準備しても、清潔ではない印象を持たれては台なしになってしまいます。
そのために、私が特に気を付けていることは以下の3つ。

1.ふきん類を清潔に保つ。
  (使ったふきんはその日のうちに洗浄して常に清潔な物を使うようにしましょう。)
2.調理前の手洗いを習慣づける。
  (調理をする人は、食べる人から清潔な印象をもたれるように心掛けましょう。)
3.ゴミはできるだけ食卓から見えないようにする。
  (特に、ゴミの臭いには気をつけましょう。)

いずれも基本的なことなのですが、気をつけているのと気をつけていないのとでは大違い!


やはり食卓は、食事の場であるのと同時に、コミュニケーションの場でもあります。気持ちの良いコミュニケーションをとれるような場を提供することも、食育では大事なことですよね。


食育マイスター養成講座事務局HP
http://shokuiku-m.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読