「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2010年4月27日

4月9日は『食と野菜ソムリエの日』!

こんにちは。
食育マイスター講座事務局の片谷です。

突然ですが皆さん、4月9日が『食と野菜ソムリエの日』(49→ショク)だったことをご存知でしたか?

2005年11月に当協会が、野菜や果物のある豊かな食生活を提起し、"野菜ソムリエ"を 通じて、食を楽しむ社会の実現をアピールすることを目指しこの日を制定しました。

毎年当協会では、この日に合わせて記念イベントを行っています。2010年の今年は、4月10日(土)に渋谷・シダックスホールで『食のシンポジウム』が行われました。


食と野菜ソムリエの日、と言いますが、もちろん野菜ソムリエの方のみに向けたイベントではございません。食育マイスター講座修了生の皆様にも存分にお楽しみいただける内容となっています。今回は、『食と野菜ソムリエの日』の模様を簡単にご報告させていただきます。


はじめに基調講演に先立ち、当協会理事長の福井より「これまでは協会が主役でしたが、2010年は修了生の皆さんが主役の年です」と、2010年の協会の方針などについてご挨拶いたしました。


第1部・基調講演は「月刊ソトコト」編集長の小黒一三様より、豊富な知識とご経験を基に、『食のシンポジウム』開会に相応しい示唆に富んだお話をいただきました。

第2部は、山形・庄内の「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフの奥田政行様をゲストパネリストにお迎えし、スペシャルトークショーを行いました。奥田シェフの独特のセンスが光るお話に、会場からは感嘆の声が上がっていました。

第3部は懇親会。自治体パートナー制度にご登録いただいている青森県、高知県、宮崎県、愛媛県西条市様からご提供いただいた旬の野菜・果物の料理がテーブルに並びました。また、シニア野菜ソムリエの授与式も行われ、喜びに溢れる新シニア野菜ソムリエの皆さんのスピーチに、会場から温かい拍手が起こっていました。


他にも、上記自治体様や協賛企業様のブースなどがあり、ここでしか体験できない内容満載のイベントとなりました。このように、野菜と果物だけではなく、広く「食」について改めて考えるきっかけとして、『食と野菜ソムリエの日』のイベントを行っています。ジュニア食育マイスター、食育マイスターとしての研鑽のためにも有意義な機会となったと思います。当日お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


『野菜の日』である8月31日(831→ヤサイ)前後にも記念イベントを行う予定です。詳細が決まりましたら順次、当協会ホームページでご案内して参ります。
今回お越しいただいた方も、そうでない方も、ぜひ楽しみにしていてくださいね。


◆日本野菜ソムリエ協会ホームページ
http://www.vege-fru.com/
◆食育マイスター養成講座ホームページ
http://shokuiku-m.jp

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読