「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2010年2月24日

新顔野菜で食育講座

こんにちは。食育マイスター講座事務局です。
先日、中央区立泰明小学校で食育マイスターの広瀬啓子さんによる新顔野菜を題材にした食育講座を開催いたしました。


対象は元気な小学校5年生2クラス。
まずは新顔野菜の種類について説明。
その後、品種改良により生まれた野菜を紹介しました。


もちろん実物を見せながら...これはなんて名前の野菜???

001.jpg

そう、「ミニトマト」!正解。
では、その下の緑色のトマトは何てトマト???

「・・・・・」

よーく見てください。色は緑でシマシマ模様。ってことは・・・
もう分かりましたね、答えは「グリーンゼブラ」です。


他にも茎の赤いほうれん草やヤーコン、ロマネスクなど不思議な野菜がたくさん用意されていました。
始めて見る野菜にみなさん興味深々!!
近くで見たい!触りたい!食べてみたい!
ということで、みなさんに実際に触れていただき、加熱したものを試食していただきました。


5年生のみんなに一番人気があったのは、「ロマネスク」です。
家では「カリッコリー」って言ってるよ!
気持ち悪いかたち!
とんがっててカッコいい!!
なかなかおいしい味してるよ。
切ったら中はどうなってるの?
いろんな意見が出ました。そして、目の前で半分にカット。

863.jpg

みんな即答!「木みたいだね。」


他にもたくさんの野菜を実際に見ることができました。
赤色のネギ、紫色の人参など...。
また、「ヤーコン」は根に付いたままのものを用意。
ヤーコンって土に埋まってたくさん実っているってこと、伝わったかな?

834.jpg

たくさんのめずらしい野菜をみなさんに見ていただきましたが、本当に伝えたかったことは、「野菜だって生きている」ってこと。
お肉もお魚も大事、でも野菜だって大事。
野菜をいーっぱい食べて、世の中で役に立つ人間に育ってほしい。
そんなメッセージを食育マイスターの広瀬さんは伝えていました。


講座の時間は40分と短かったですが、たくさんの野菜を知り、触れ、食べて、深く印象に残る講座だったのではないでしょうか。
野菜のチカラって本当に素晴らしいと実感した講座でした。


食育マイスター講座HP
http://shokuiku-m.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読