「大人も子供も食でまぁるく」by食育マイスター講座

2009年12月 8日

PTA向け食育講座―今日から始めよう!楽しい食育

こんにちは。食育マイスターの与謝野雅子です。
先日友人からご紹介頂き、都内の小学校で大人向けの講習会をさせて頂きました。
テーマは「今日から始めよう!楽しい食育」です。


実は大人向けの講習会でお話をするのは初めてのこと。
スピーチの時間は1時間です。新しい挑戦となるこの講習会に向けて1ヶ月前からそわそわと落ち着かず準備を進めてきました。キッズワークショップの場合はあちらこちらから飛ぶ「せんせ?い!」という野次(!?)に対応しながらお話をし、ゲームや工作の時間も設けるので1時間があっという間。準備してきたお話も全部できないことがあるくらいですが、大人向けはそうはいきません。静かにお話を聞いていただく前提で1時間のスピーチを準備したところ、原稿はA4用紙で9枚にもなりました。

DSC03281.jpg

もう一つの新しい挑戦はパワーポイントでの資料作りです。パソコン音痴の私にとっては最大の難関でした。でも、やってみると意外に楽しく、こういったツールを使って講演をする自分を想像すると何だか一歩夢に近づいたような気持ちがし、資料作りにも力が入りました。
きれいな絵本や、ワークシートなど、わかりやすく楽しいものを取り揃え、来て下さった方に少しでも楽しんでいただけるようなスライドを作りました。


講習会でお話したことは以下のような内容です。

(1)食料自給率・・・日本は半分以上の食料を外国からの輸入に頼っています。自給率を上げるために家庭でできる取り組みは?

(2)子供と食・・・朝食を食べない子供が増えています。生活習慣の乱れを食事から改善していきましょう。

(3)食べ残し・・・多くの食べものを輸入しているにも関わらず、食べ残しを捨てている私たち。食への感謝の気持ちを大切にしましょう。

食育を勉強した人にとってみれば基本的な内容ですが、「食育は初めて」という方が多かったので肩肘張らずに聞いていただけるようなお話を用意しました。
また、配布資料についても、持ち帰ってお子様と一緒に見ていただけるよう、農林水産省の子供向けパンフレットを配布させていただきました。


PTAなどの学校行事は限られた予算の中で企画されていることが多いですし、出席者の数もぎりぎりまで分からないことが多いようなので、各省庁など公共機関で無料配布されているパンフレット等は活用するととても便利です。私もインターネットで日頃からこうした情報をまめにチェックするように心がけています。


講習会をするときは今後の参考に、アンケートをとらせていただくようにしています。

今回、印象的だった声をご紹介します。
・食べている国産牛の飼料が輸入のものだということを再認識しました
・自給率を上げることは(一人では)できませんが食べ残しは減らせそうです
・無理せず、できることからやろうと思いました
・毎日3食欠かさず食べていますが「楽しく」にはなっていないかもしれません

などなど・・・
ご自身を取り巻く食について、それぞれの「気づき」が綴られていました。


今回の講習会は食育の全体像をもう一度頭の中で整理できたこと、自分が伝えていきたいことが何かを再確認できたことなど、私にとっても実り多いものになりました。そして、新しい挑戦ができたことで(ちょっとだけですが)自信もつきました。
このような機会を与えてくださったPTAの皆様に、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。


これからも、頑張ります!


食育マイスターまさこ先生のブログ↓
http://ameblo.jp/s-for-kids/ 毎日更新中です!

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読