食卓のはてな?を調べるところ「ちゃぶラボ」

2010年12月 3日

果物を料理に使う!

aji_mini01.gifこんにちは、ちゃぶラボ研究員あじです!

果物はそのまま食べるに限る! がモットーですが、レストランなんかでアクセントとして果物が使われている場面に遭遇すると、「面白いかも」→「料理してみたい」→「できるんじゃないか」という思いがよぎります。その思いをそのままにすることはなく、今回は挑戦してみました。

lab101202_00.jpg

使ったのは、柿とりんご。ビギナーにもハードルが低そう、との思い込みからのエントリーです。

まず試したのは"柿のソテー ベーコンとルッコラのサラダ"
何となく、柿と豚肉の相性がよさそう、との思いつきです。

はい、料理は勢いと思いつきが大事です。

まずサラダ。
ベーコンは焼いて、ルッコラとともに食べやすい大きさに切ります。レモン果汁、塩、こしょうで味付けをしてシンプルに。盛りつけてから、刻んだくるみを散らしました。さて、柿は食べやすい大きさに切ってソテーし、グラニュー糖を振ってキャラメリゼしてみました。柿は表面がほんのりカリッとして、香ばしく、柿の甘みと豚肉が合う! 上品にサラダと分けて盛りましたが、一緒に混ぜても◎でした。

lab101202_01.jpg

はい、続いても柿。
今度は果肉も使いますが皮が主役です。
"柿と青パパイヤのソムタム風"。タイ料理のソムタム風にアレンジしたサラダです。柿は皮と果肉に分けて、それぞれ千切りに。青パパイヤも千切りにして、さっとゆでます。柿と青パパイヤに、ナンプラー、ライム果汁、塩、こしょう、刻んだピーナツを和えるだけ。正式の味ではないでしょうが、どことなく東南アジア風。パクチーを加えたい衝動にもかられましたが、柿の繊細な香りと甘みが、パクチーに負けそうだったので、上には芽ねぎをのせました。柿のほのかな甘みがナンプラーと好相性です。これは、自身のレパートリーにも加えることにします。

lab101202_02.jpg

さて、今度はりんご
今回はアルプス乙女、別名姫りんごを使ってサラダを作ります。水菜は食べやすい大きさに切り、りんごは8分の1にカットしてレモン果汁をかけておきます。塩、こしょうで和えたらお皿に盛ります。この上に、みじん切りにして炒めたベーコンとにんにくをざっとかけたらできあがり。これも、勢いだけで作った料理ですが、この組み合わせ、いけます。シャキッとした食感も快く、気分もさわやか。

lab101202_03.jpg

秋の味覚2種で作った3つの料理。果物の懐の広さの入口が見えた気がします。果物を料理に。まだまだ研究する価値があるフィールドのようです。


ここでお知らせ。あじは産卵のため、今回でしばらくお休みします!
またお会いできる日を楽しみにしております!

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読