野菜のバトン
野菜のバトン芳野正子さん(主婦)

芳野正子さん(主婦)

地元香川のオリーブLOVE。目にもおいしいレシピで応援

地元香川県の野菜や果物を日々の食卓に取り入れ、ブログで発信している芳野正子さん。見た目にもきれいで、おいしそうな料理のアイデアはどこから湧くのでしょうか? 楽しい野菜生活を送るために心がけていることがあれば教えてください!

野菜ソムリエがつなげる野菜のバトン。今回は、地元香川県の野菜や果物を日々の食卓に取り入れ、ブログで発信している芳野正子さん。見た目にもきれいで、おいしそうな料理のアイデアはどこから湧くのでしょうか? 楽しい野菜生活を送るために心がけていることがあれば教えてください!

プロフィール

芳野正子(ジュニア野菜ソムリエ) 2010年12月ジュニア野菜ソムリエ取得。料理教室のアシスタントをしていた経験を活かし、自身のブログにて香川県のおいしい野菜・果物の紹介、調理法の提案などを行っている。
活動拠点:香川県
職業:専業主婦

おいしさは見た目で決まる!目にもおいしい料理を日々の食卓にとり入れて

 私は料理を作るときに「おいしそうに見えること」をとても大切にしています。人は、目で見て脳がおいしいと感じてから、舌でそのおいしさを感じるそう。私はそれを料理教室のアシスタントをしていた頃から、プロの盛りつけを見て感じていました。
専業主婦になってテーブルコーディネートの勉強を始めてみて、さらにそれを実感。もちろん家庭ではシェフが作るような難しい料理はできませんが、シンプルな料理でも、盛りつけを工夫するだけでレベルアップします。普段から、レストランに行くときに盛りつけをじっくり観察したり、雑誌に掲載されている料理の写真をスクラップにしたり、情報を得るようにしています。

香川県の食材を使った料理を考案中


 私の生まれ育った香川県は、小豆島などでオリーブの栽培が盛んなところ。私は野菜ソムリエとしてレシピなどを提案し、地元香川のオリーブを応援したいと考えています。
すでに塩漬けのオリーブを使ったレシピは、知り合いの農家さんのホームページに掲載してもらっていますが、いまは生の完熟オリーブをつかったお菓子を考案中です。生の完熟オリーブは渋みが強く、一般家庭では渋抜きが難しいといわれています。そこで、ハチミツやメープルシロップに漬ける方法を試しています。
先日、半年漬けたオリーブでクッキーを作り、農家さんに試食をしてもらいました。うれしいことに好評で、自分でも手応えを感じています。漬け込んでから1年経つ今年の12月くらいには、さらによい味になっているはず。
漬けあがったら、いろいろなお菓子にチャレンジしてみようと楽しみにしています。

香川県といえば、やっぱりオリーブ!


 私はオリーブの実の色が大好きです。熟す前のオリーブグリーンといわれる緑色もさることながら、熟すにつれて赤から黒に変わっていく色合いがなんとも美しいから。オリーブは少しでも傷がつくとすぐに酸化が始まって質が悪くなります。
香川県では傷が付かないように一つ一つ手摘みで収穫。さらに良いものだけを選別して商品にしています。まだ収穫量が少なくコストもかかるので、外国産のものより値段は高いのですが、それだけの価値があると思います。ちなみに小豆島産オリーブオイルは、2012年のロサンゼルス国際EXバージンオリーブオイル品評会で金賞を受賞した実績もあります。ぜひ一度おためし下さい!

文:野菜ソムリエ 霜村春菜
写真提供:芳野正子

VEGE☆LIFEホームページはこちら
facebookはこちら

次にご紹介するのは、同じ野菜ソムリエコミュニティかがわ所属の広野亜由美さん。
広野さんはママであり、酪農家の妻であり、また野菜ソムリエとして、多方面で
お忙しく活動されていますが、そのエネルギーの素になっているものは何ですか?