よつばちゃんの食を楽しむ取材ノート。

2014年1月 8日

「食品偽装防止検定」講座に潜入!

昨年もニュースになっていた、
食品偽装の数々。

事業者は食品偽装をどう防止するか、
生活者はどう見抜くか・・・。

野菜ソムリエ協会で行われている
「食品偽装防止検定」の講座に
よつばちゃんが潜入しました!

__ 1.JPG
(取材した日は12月25日クリスマス。たくさんの方がいらっしゃいました!)

食品偽装防止検定は、
半日かけて講義(2時間×2コマ)と試験を受けます。

この日の講義は、
食品の安全、衛生関連のことなら、この先生!
藤井淳生先生による講義です。
藤井先生は、野菜ソムリエの講座や、アスリートフードマイスターの講座でも講師をされています。
(以前の記事、ジュニア野菜ソムリエのレポートにも登場!)


食品偽装防止検定の講義は、
ただ話を聞くだけではなく、受講生の皆さん同士で考えるワークショップも行います。

食品表示ってそもそも何?
何のためにあるの?

__ 2.JPG

(職業、業界も違う皆さん、和気あいあいと盛りあがっていました)

正しく知る権利、
モラルを守る、
安全性を伝える・・・

皆さんからも色んなワードが登場しました。

食品表示の概要を学んだあとは、
食品表示に関する法律、制度について。

じつはこの法律や制度は、
事件、事故が起こるたびに、どんどん変化していくのです。

過去にどんな事件が起こり、
どう法律ができて、
また、どんな風に変わっていったのか。
食品偽装の歴史をひもときながら学びます。

法律や制度のこととなると、
小難しそうな内容と感じるかもしれませんが、
「賞味期限と消費期限」の話や、
「遺伝子組み換え」の表示のことなど、
具体的かつ身近な内容を盛り込んだ分かりやすい説明で、
しっかり学べる内容でした。

食品表示に関するルールがどんどん変わるというのは、
良くいえば、生活者により分かりやすい内容に変えていくことができる、ともいえる・・・。

だからこそ、
普段から食に関する意識を高めておくこと、
流されずに自分の感覚を持つことが大切なのですね。


__ 3.JPG

食品偽装防止検定は、
今回で第7回目を迎えましたが、
食品表示に関する法律の変化にともない、
今までとは内容・構成も大きく変更しています。

食品偽装、食品表示の「今」を学びたい方、
食品表示について考える力をしっかりと身につけたい方、
おすすめです。

申込みはこちら
(2月、3月にも開講します!)

-4.jpg

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>