よつばちゃんの食を楽しむ取材ノート。

2013年5月22日

知りたい!食用オイルのアレコレ(後編)

前回はオイルの種類による違いや、人気商品について伺いました。今回も引き続き、オイルとビネガー類を扱うフォムファスの木村亮子さんに、使い方や保存法などについて教えていただきます。
食用オイル

よつば これから暑い時期を迎えますが、おすすめのオイルは何でしょうか?
フォムファス木村さん さわやかな風味をプラスしたいときに便利なのが「オリーブオイル"リモーネ"」や「オリーブオイル"アランチャ"」ですね。どちらもエキストラバージンオリーブオイルで、前者はレモン、後者はオレンジのエキスを加えたものです。冷製パスタの仕上げにかけたり、そうめんの麺つゆに少し加えるのも、風味がグンと増すのでおすすめです。
よつば オイルを使ったおすすめのレシピをひとつ教えてください。
フォムファスフォムファス木村さん 『オリーブオイル「ビオカノ」』を使ったマッシュルームの丸焼きはいかがでしょうか。簡単にでき、ワインなどお酒にも合いますよ。ちなみにビオカノは、スペインの3種のオリーブを使用したオイルで、アンダルシアの生産者たちは、「Mothers Milk Of The South(南の母乳)」とも呼んでいるんですよ。 レシピはこちら
よつば ちなみにオイル類は、家庭の中でどのように保存したらよいのでしょうか?
フォムファス木村さん 基本的に冷暗所で保存ですが、種類によって保存適正温度が異なります。エキストラバージンオリーブオイルは10度以下になると固まり始めるので、16度前後がベスト。冷蔵庫などに入れると固まり、温かくなると液体に戻りますが、それを繰り返すことはオイルにとってよくありません。光が当たらず、温度の一定した棚の中で保存しましょう。ちなみに、亜麻仁油、ローズヒップオイルなどは冷蔵庫での保存をし、封を開けたら2カ月ほどで使いきることもおすすめしています。
よつば 木村さん、ありがとうございました!
食用オイルの種類や特徴を知って、もっとおいしく楽しい料理にしていきたいですね。

フォムファスのホームページはこちら

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>