「カレー探訪」byカレーマイスター養成講座

2011年4月15日

【ジュニア・カレーマイスターがいるカレー店】印度カレー中栄

今回は築地にある「印度カレー中栄」で勤務されている
ジュニア・カレーマイスター渋谷3期 菅原孝三郎さんに
お話をお聞きしました。


◆店舗情報
印度カレー中栄
住所:中央区築地5-2-1(築地市場内)
TEL:03(3541)8749
URL:http://www.nakaei.com/

110415-02.jpg

◆どんなお店?
築地と言えば、魚を主としている飲食店が多いですが、そんな場内にお店を構えているカレー屋さんです。
意外と歴史もあり、創業は大正元年、来年で100年になります。
お客さんは主に市場で働いている人、買い付けに来る人なので営業時間が朝の5時から昼の2時と特殊です。考えられないとは思いますが、早朝からカレーを食べる人は沢山いるのです。
特徴として、量が多い!キャベツの千切りが乗っている!カレーの味はあっさり!です。毎日同じオーダーをするお客さんも多く、毎日食べても飽きないカレーです。
是非、食べに来て下さい。


◆一番のお勧めカレー
印度カレー(辛口)とハヤシの合いがけ 600円

一皿で二種類のルーがかかる、二度美味しいメニューです。程よい辛さの印度カレー(ポークカレー)と酸味の効いたトマトベースのハヤシの組み合わせが相性抜群です。組み合わせでは一番人気です。

110415-01.jpg

◆ジュニア・カレーマイスター講座を受講したきっかけ
将来のビジョンを見据えた上で、自分に必要な資格を取得しようと思っていた時、ジュニアカレーマイスターと言う資格を見つけました。
カレー屋さんで働いているにも関わらず、スパイスの種類や効力、カレーの歴史など、カレー全般の知識が乏しかったので受講させていただきました。


◆受講して心に残った科目
心に残った科目はスパイスサイエンスです。
スパイスサイエンスとはスパイスの種類や形状、効用などを学んでいくという講座です。スパイスについて名前は認識していても、実際カレーによく使われるスパイスを見たり触れたりする機会というのは少ないと思います。この講座では実際のスパイスの原型(シードやホール)を見たり、香りを嗅いだり(食べたりしている人もいた様な)という貴重な体験が出来ます。
それに、自分独自で調合し、マイカレースパイス作成を体験できるのも魅力的でした。


◆どんな事を仕事に生かしていますか?
カレーという存在の捉え方自体が変わりました。家庭でもお店でも気軽に作れるのがカレーです。仕事では同じ作業の繰り返しではありますが、仕事自体の視野が広がっていき、またカレーに対して興味が深まっていきました。
恥ずかしい話ではありますが、スパイスというのは漢方という事を今回の講座で知りました。カレーを食す=薬を飲むと言う考えが出来ました。毎日カレーを食べに来てくれる人は、気のせいではありますが元気な人が多いですよ。(地域的なものではありますが・・・)
カレーは身体に良いと自負しつつ、調理にも接客にも取り組んでおります。
110415-03.jpg


◆これから受講する方へ
カレーは誰でも作れる手軽な料理であり、且つとても深い料理でもあります。
講座を受講するとわかりますが、様々なスパイスを買ってきて調合しオリジナルのカレーを作りたくなってきます。
そして、毎日カレーを食べても飽きなくなってきます。
カレーは身体にとてもいいものだと理解できますよ。
是非、受講してみて下さい。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読