「カレー探訪」byカレーマイスター養成講座

2010年3月12日

カレー店紹介:デリー 銀座店

ども、ジュニアカレーマイスター丸山周です。

この間のボクの担当しているラジオ番組にて東京のインドカレー店の老舗「デリー」の田中社長にインタビュー。
話をしていたらデリーのカレーがものすごく食べたくなってきたのでデリーに行ってきたよ??!!


今回訪れたのはデリー銀座店。

100312-01.jpg

オシャレな銀座のビルの3階に上がると、

気分はインドだぜっ!!

100312-02.jpg

イエッス!! デリーの看板メニュー「カシミールカレー」をオーダーだよ??。

100312-03.jpg

めちゃめちゃ辛いのに、食べ始めると止まらないデリーのカシミールカレー。


久々にあの強烈な辛さを堪能しちゃうっす。


どりゃぁ??っ!!


パクっ。

おっ??


なんか、今回はあまり辛く感じないかも??

ほどよい辛さで旨いぜっ!!


と、思ったら、

やはり・・・・

めちゃめちゃ辛いぜっ?????!!!!!!!!!


ヒ??ハ???ッ♪♪♪

100312-04.jpg

ってか、この辛さがたまらないぜっ??!!!!!!

ヒ??ハ???ッ♪♪♪


濃厚なチキンの旨みが強烈な辛さと絶妙なバランスで共存しているため
この「辛さ」が美味しい「幸せ」に感じてくるのです。

やや固めのライスは辛さを程よく中和させてくれるため
ライスをすくうスプーンが止まらない。。
辛さのためか、ライスの甘みが噛みしめるほど口いっぱいにひろがり
いつも以上にライスの美味しさを味わえるのもこのカシミールカレーなのであります。

ってことで、超×2激辛のカレーなのに、あっという間に完食となったのでした。

ちなみにサラサラなカレーは
余計な具材はいっさい入らず、スパイスとチキンだけの直球勝負。

田中社長は、デリーのカレーは
「スパイスのバランスで食べさせる」と言っていたけど
一体どんなスパイス比率で構成されているのだろう。

う??む。
深いぜっ。
強烈な辛さを美味しく食べさせる匠の技に、改めて感動したボクなのでした。


東京で辛くて美味しいカレーを食べたければデリーのカシミールカレーをぜひ。


デリー銀座店
東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル3F
TEL03-3571-7895
営業時間(年中無休)
平日 /11:30AM?9:30PM(L.O)
平日ランチタイム/11:30AM?2:00PM
土、日、祭日/11:50AM?9:30PM(L.O)


余談ですが、デリーのカシミールカレーは色が黒くて、辛くて、とろみのないサラサラのカレーですが、カシミール地方は北インド。
ってことで、本場インドのカシミールカレーは、味はこってりとしてマイルド。
サラサラではなくドロッとしたタイプも多いんだそうです。
つまりは本場は真逆のカレーってことなんですね??。

デリーのカシミールカレーは、いわば南インドのスタイル。
創業して間もないころ常連客から、もっと辛いカレーを作ってくれとのオーダーがあり、完成したカレーには別の名前が付く予定だったのに、印刷会社のミスでカシミールカレーと印刷されて、現在にいたるんだとか。

あまりにも人気が出てしまい名前の変更も出来なかったようですね。


老舗店が出す一皿のカレーには、歴史が凝縮されているのであります。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読