「さしすせそ道を極める」 by 調味料マイスター養成講座

2015年6月 2日

★「ぬちまーす」美楽流―MIRACLE★

こんにちは。調味料マイスターの MICHIKO 山本美智子です。
TV朝日「専門家だけがテンションの上がる旅」に出演させていただきました。榊原郁恵さん、タカ&トシさん、東京農大の舘教授とご一緒させていただきました。その時の様子を3回に渡り、ご紹介させていただきます。3回目、最後は「ぬちまーす」です。
***************

☆「ぬちまーす」
「まるや八丁味噌」「九重味醂」をまわりました。朝が早かったので、お昼が待ち遠しいロケバスの中、次にどこに行けるのか? みんなで、回答を待っています。行き先は「塩=沖縄=ぬちまーす」に決定しました。早速、タカ&トシさんの手に「ぬちまーす」を乗せてみました。「粉だ!」次に、味見をはじめました。ペロペロ・・・、「しょっぱくない!」「美味しい!」「うまい!」塩の作り方に特徴がある「ぬちまーす」を目指すことに!!
あれ? なに? 沖縄行きの飛行機が、雪のため北海道で足止め、飛行機が飛ぶかどうか、わからない。なんと、中部国際空港で4時間待ちして、飛行機は沖縄へ飛びました。
「ぬちまーす」の工場に着いたら、あたりは真っ暗になっていました。高安社長の笑顔がお出迎え、久しぶりの再会です。この時間は閉まっているのですが、待っていてくださいました。感謝です。
150602-01.jpg 
さて、塩が舞う「ぬちまーす」の塩作り、工場に潜入!! この番組のために、世界で初公開してくださるそうです。マスクに帽子に作業着、目だけを出して、いざ工場へ。
「スゴイ~」、歓声があちこちから聞こえてきます。テンションはあがりっぱなし!!
一面に広がる銀世界・・・塩の雪景色。雪が積もっている、いえいえ、塩が積もっています。大きな機械が動き始めました。音とともに霧状にした海水を風で飛ばしています。瞬間的に空中で水分が気化して、塩が作られるのだそうです。この体育館のような工場の中全体が塩の粒子でモヤがかかったようにみえます。塩を浴びる、初めての体験です。寒くはありませんが、ホワイトアウトの世界です。部屋を暗くして、ライトを当ててみました。塩の粒子が雪のように風に舞っています。美しい!の一言です。これが降り積もって、塩の山になっていきます。
150602-02.jpg
タカさんが、ここにずっといたら、「塩の取りすぎになるんじゃないの?」とご質問。「取った塩分は塩に自然に入っているカリウムがおしっこに流してくれます。他のミネラルもとれるので、健康で美人になれるんだ。」と社長が答えてくださいました。
興奮もそこそこに・・・。沖縄の青い海は見ることが出来ませんでしたが、世界初の塩作りを体験できたことに感謝し、社長との再会を約束して、最終便で東京へと帰路に着きました。
この塩「ぬちまーす」は、雪のような口どけのするパウダー状で、20種類以上のミネラルを含み、塩化ナトリウムの量も約75%と他の塩に比べて少な目です。沖縄のきれいな海水を空中に噴霧し、温風を当てることで水分が蒸発するため、海水に含まれている塩とミネラルだけが残り、サラサラとした雪のような塩になります。世界で唯一の瞬間空中結晶製塩法と呼ばれています。「ぬちまーす」とは沖縄の言葉で「命(ぬち)の塩(まーす)」という意味です。

*********************
調味料マイスター
MICHIKO 山本 美智子
―料理教室 食あとりえ 「ひめ亭」in 代官山 主宰
代官山でワークショップ・料理教室をしています。
詳しくはコチラ⇒http://www.cookmiracle.com/
*********************


【参考】
株式会社ぬちまーす  おきな沖縄県 うるま市 与那城宮城 2768

*~*~*~*~*~*~*~*
調味料マイスター養成講座
http://choumiryo.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  | 

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読