「さしすせそ道を極める」 by 調味料マイスター養成講座

2014年2月19日

始めてみよう味噌づくり

皆さんこんにちは。調味料マイスターの石川貴代です。
次の世代へ引き継ぐべき、大切な和食文化。身近な和食を代表するものが、お味噌汁。先月のブログではお出汁の基本である"昆布"について触れましたが、今月は"味噌"についてのお話です。

「手前味噌」という言葉は、自分で自分を褒めることを意味します。かつては、自前のお味噌を各家庭で作っていました。自家製のお味噌を互いに自慢し合ったことからできた言葉が「手前味噌」なのです。昨今は空前の発酵食品ブーム。お味噌を自分で作ってみたい、と思われている方も多いのではないでしょうか。

140219-01.jpg

写真は昨年の2月に仕込み、その後熟成させた手前味噌です。自分の手でこねた大豆、塩、麹が熟成を経て石川家の手前味噌となりました。秋の初めに一度味をチェックしたところ、まだ深みが足りない感じでした。そこで更に時間をおいたところ、その間に美味しく変化。自分好みの味に仕上げるのが、手前味噌の醍醐味です。

味噌の作り方は以外とシンプル。
1 大豆を水に浸す
2 大豆をゆでる
3 大豆をつぶす
4 麹の準備(塩と麹をあわせる)
5 大豆と麹を混ぜる
6 容器に仕込む
大豆などの素材も自分で選んで、一から作ると真の手前味噌。大豆をゆでた状態で売られているセットなどを購入すれば、お手軽に作る事もできます。味噌教室に行くと、受講された皆さんと一緒に作り上げていくことが楽しめます。熟成途中にカビのチェックが必要になりますが、それも楽しみの一つです。最近ではお味噌屋さんが教室など頻繁に開催していますね。今はちょうど仕込みをする時期でもあるので、今年は味噌づくり始めてみませんか?

調味料マイスター・石川貴代の公式ウェブサイト
http://stonesriver.info/takayo

*~*~*~*~*~*~*~*
調味料マイスター養成講座
http://choumiryo.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読