「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2016年3月22日

パンの記念日

4月12日はパンの記念日、毎月12日はパンの日です。

日本にパンが伝わったのは、1543年ポルトガル人が種子島に漂着した際のことでした。その後の鎖国政策のため、パンの製造は長崎の出島でオランダン人のためだけに行われてきました。しかし、江戸時代末期1842年4月12日伊豆韮山の代官が、アヘン戦争等の当時の世界情勢を考慮し兵糧を開発するため、出島のパン職人を招いてパンを焼きました。「日本人が日本人のためのパンを」を作ったこの日にちなみ、4月12日はパンの記念日、毎月12日はパンの日と定められたそうです。

ところで、パンに関する記念日は他にもたくさんあります。(あいうえお順)
アンパンの日 4月4日
クルミパンの日 毎月3日
コッペパンの日 毎月10日
ごはんパンの日 5月8日
ドイツパンの日 10月3日
パンケーキの日 毎月10日
パン粉の日 8月10日
フランスパンの日 11月28日
蒸しパンの日 6月4日 
よい酵母の日 4月15日
毎月のものも考え合わせると、ひと月に4,5回はパンに関する記念日があることになります。

日本人は、五節句二十四節気七十二候に見られるように、暦に季節を反映させて生活してきました。パンの記念日は、ちょうど春野菜が旬を迎え、夏野菜が出始めるころにあたります。アスパラガス、菜花、春キャベツ、初物の空豆やたけのこを使った野菜ドッグやピザは、明るい季節の到来を感じさせてワクワクしてきます。
旬をアレンジしたパンを話題に食卓を囲めば、家族の話題づくりにも役立ちます。そんな形でパンの日を活用なさってください。

160322.jpg



パンアドバイザー&野菜ソムリエ
むぎの きく
http://muginokiku.seesaa.net/


*~*~*~*~*~*~*~*~*
パンアドバイザー養成講座
http://pan-a.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読