「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2015年5月29日

ドライトマトのフーガス

 青葉薫る季節になりましたね。
今回は、大人の雰囲気漂う冷たい辛口ワインのおつまみにピッタリなパン
「ドライトマトのフーガス」を紹介します。

150529-01.jpg

ドライトマトとバジルのフーガス

 フーガス(Fougasse)とは、葉っぱのような形をした南フランス発祥のパンです。
バジルやオリーブ、チーズなどさまざまな具を練り込んだ生地を平らに伸ばし、
切り込みを入れて葉っぱのような形に焼き上げます。
今日では日本のベーカリーでも見かけるようになり、甘くて小さいサイズのもの、
豚肉やオリーブペーストを挟んだ大きなもの等、さまざまなフーガスがあります。

 実は今、私の中で半生ドライトマトの料理がブームで、
先日刻んだドライトマトとバジルを混ぜ込んだ食パンとドライトマトを用いた
マルゲリータピザを作ってみました...が!なぜだか、どちらもイマイチ。
「濃厚なドライトマトのおいしさを、もっとストレートに味わうことのできる種類のパンはないものか...」と悩んでいました。そんな時、たまたま立ち寄ったベーカリーで出会ったのが、ドライトマトのフーガスでした。
 このフーガスは、ドライトマトが大きなカットで見え隠れしていますが、それがこのパンのおいしさのポイント!フーガスは平たく、切れ目が入っているのでドライトマトの塊がパン生地にすべて埋もれてしまうことがありません。
そのため、ドライトマトとパンのおいしさを両方同時に味わうことができます。また、フランスパンに似た弾力のあるフーガス生地がドライトマトの噛みごたえによく合うのです。

 ドライトマトのフーガスこそ、まさに私が作りたかった理想のパンでした。
これだ!と思うパンを探しあてた時の喜びは格別なのですが...自分で作り出せたらもっと
最高だったのになぁと思いました。

パンアドバイザー&野菜ソムリエ
むぎの きく
http://muginokiku.seesaa.net/

*~*~*~*~*~*~*~*~*
パンアドバイザー養成講座
http://pan-a.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読