「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2012年12月11日

食パンのオトモ

今回は、毎日の食パンライフが楽しくなるクッズと手作りジャムのご紹介です。

みなさんは、カットしていない食パンを購入したり、自宅で食パンを作った際に、きれいにカットできなくて困った経験はありませんか?上下で厚みが違ってしまった、切り口がギザギザになってしまう、など・・・。
そんなとき便利なのが、こちらの器具。その名も「食パンカットガイド」。
121211-01.jpg
レバーで厚みが調節でき、12枚切・8枚切・6枚切・5枚切が選べます。厚みをセットしたら、食パンを乗せて、カット補助プレートでパンを押さえ、あとは溝に沿ってパン切りナイフでカットするだけ!簡単に、きれいに好みの厚さにカットできます。しかもこの商品は食パンの大きさに合わせて、横幅も調節できるんです。ホームベーカリーで焼く大きめの食パンにも対応している優れもの。
私は、『富沢商店』さんで購入しました。「スケーター株式会社」製のもの。他にも別のメーカーの商品も販売されていましたよ。これでもう、せっかく焼いた手作り食パンがうまく切れなくて悲しい思いをすることもなくなりました!

食パンのオトモとして、もうひとつご紹介したいのが、手作りジャムです。イチゴ、ブルーベリー、リンゴなどなど手作りジャムは色々なフルーツでできますが、今回は、ラ・フランスのジャムを作ってみました。
121211-02.jpg
ラ・フランスを7mm角くらいにカットし、重量の40%程のグラニュー糖を振りかけて火にかけました。沸騰したら弱火でコトコト。15~20分程で出来上がります。仕上げにレモン汁を少々加えて味を締めます。あえて潰さず、形を残して。作ってみて気付いたのですが、洋ナシって水分が多いらしく、とろっとしたいい感じのジャムになりました。
カリッとトーストした厚切り食パンに、クリームチーズと一緒にたっぷりと乗せていただくのが私は大好きです。渋めに淹れた紅茶に良く合います。これからの季節はリンゴのジャムも良いですね。ただしリンゴの方が水分は少なめなので煮詰めすぎにご注意ください。

やはりパンの中でも食パンて日常的によく食べますよね。みなさまの食パンライフがいつもよりちょっぴり楽しいものになりますように・・・。

ジュニアパンアドバイザー
& 野菜ソムリエ
中村 裕子

■パンアドバイザー養成講座ホームページ
http://pan-a.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読