「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2012年8月14日

手作りのピザパンはいかが?

はじめまして。ジュニアパンアドバイザー&野菜ソムリエの中村裕子と申します。
どうぞよろしくお願い致します。

暑い日が続きますね。こんな日には、帰宅後にキリッと冷えたビールや白ワインが楽しみ~という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、お酒のお伴にもおすすめ、『ピザパン』の簡単レシピをご紹介致します。手作りパンというと、手間や時間がかかる・・・と、ちょっと敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、このピザパンは、2次発酵をしないので、1時間半程度と割と短時間でできあがります。捏ねもフードプロセッサーにおまかせすれば、汗をかく心配もありません!(笑)
120814-01.jpg
↑こちら、私愛用のクイジナートのフードプロセッサー。10年来の友です。
羽を代えれば、ポタージュやミートローフ作りにも大活躍してとても便利です。

★材料 (直径25cm 2枚分)
〈生地〉
強力粉...300g インスタントドライイースト...小さじ2 砂糖...小さじ2 塩...小さじ1
オリーブオイル...大さじ1 水(40度)...185cc
〈具〉
ピザソース ピザ用チーズ 好みの具(トマト、ベーコン、シーフードなど)
★作り方
1.オリーブオイルと水以外の生地の材料をフードプロセッサーに入れる。水を少しづつ加えて、約2分間回す。オリーブオイルを加えて更に約2分間回す。(←手ごねでももちろんOK。その場合は15分間くらい捏ねて。)
2.生地を取り出し、表面をきれいに丸めなおし、ラップをかけて1次発酵。(30度で40分間、もしくは40度で30分間)
3.一度ガス抜きし、2分割する。
4.表面をきれいに丸めなおして、濡れ布巾をかけて、常温で15分間休ませる(ベンチタイム)。
(この間に、オーブンを250度に予熱し、具を用意する。)
5.麺棒で、直径25cmくらいの丸型にのばす。
6.ピザソース、好みの具、ピザ用チーズをトッピングする。
7.250度のオーブンで13分程焼く。
120814-02.jpg
↑「ミニトマト&バジル」(手前)と「ベーコン&ミックスベビーリーフ」(奥)
ミニトマトは、乗せる前に塩をふって少し置き、軽く水分を拭き取ります。
ベビーリーフ、バジルなどは、焼いた後に乗せます。

使用した強力粉は「ゴールデンヨット」。タンパク質量が13.5%と、他の強力粉に比べて2%程多い
ので、もっちりと引きが強いパンに仕上がります。また、イギリスパンに使用すると、焼いている段階
でびっくりするくらい上にふくらみます。もちもちしたパンが好きな方にはお勧めの強力粉です。是非
お試し下さい。(大宮ルミネの富沢商店などで購入できます。)

「ピザ」というのにはちょっとふわふわで厚めなので、あえて『ピザパン』という名前にしました。
生地(パン)の部分もしっかりと味わえる感じです。
もちろんお酒のお伴だけではなく、お子様にも大人気ですよ。

デリバリーピザも便利で良いですが、時にはこんなもちもちのピザパンを手作りして、焼き立て
を味わってみてはいかがでしょうか?

中村裕子
ブログ『Petit*Lapin』
http://lapinpetit.exblog.jp/


■パンアドバイザー養成講座公式ホームページ
http://pan-a.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読