「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2012年6月19日

ほかほかパン屋さん

とっても珍しい店構えのパン屋さんを見つけました。
所は、葛飾区青戸の住宅地。
扉が有る訳でも無し、人が居る訳でも無く。
在るのは、正面のウインドウ枠と呼び出しブザーと小さな窓。
つまり、このガラス越しに陳列された数種のパンの中から、購入したいものを決め、ブザーを押すと、お店の方が奥のお住まいから応対に出て来るという方式。
ユニーク ! 斬新 ! 驚き!

こだわりは、36種類のミネラルを含む水(希望の命水)と、トランス脂肪酸を含まないショートニングを使っている事だそうです。
お二人の男の子がいらっしゃる奥さんが、一人でお店をやっているのですが、夜中の2時半から仕込みに入り、朝7時半にウインドウにパンを並べ、売り切れ次第終了だそうです。
販売は火・水・木・金の限定、パンの種類も曜日で決まっています。
効率が良い方法ですね。

お昼過ぎには、もう数個しか残っていないのですが、その中から選んだ「さつまあんドーナツ」。生地がもっちもっちの弾力で、病み付きになりそうです。

byジュニア・パンアドバイザー/田中 弘美


お店は奥にたたずんでいるので、この看板が目印
120619-01.jpg

何ともユニークな店構え
120619-02.jpg

さつまあんドーナツとお店の袋
120619-03.jpg

■パンアドバイザー養成講座公式ホームページ
http://pan-a.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読