「ふくらむふくらむ」byパンアドバイザー養成講座

2011年7月19日

パン屋さん紹介:窯焼きパン工房ミルトコッペ

こんにちは。
ジュニア・パンアドバイザー修了生の鈴木です。
今回は北海道岩見沢市にあるパン屋さんをご紹介します。


お店は岩見沢市から夕張方向へ。。。
自然に囲まれた中にある(山の中?)民家が見えてきます。
入口の丸太に『ミルトコッペ』という大きな文字が目印です。
食パンやコッペパン、あんぱんなどがありしっかり焼かれています。

110719-01.jpg
110719-02.jpg
ミルトコッペさんの特徴は、なんといっても製法。
ホシノ酵母を使用し、中種法でじっくり時間をかけて生地を発酵させているそうです。
水分量多めの生地(水種法に近い)を窯で焼き上げるので、水分が多く残りどっしり
と焼きあがっています。

110719-03.jpg
中種法で作成すると焼きあがりにボリュームが出ます。
パンの老化もスローに。
写真では分かりにくいですが、弾力と重みのある生地。
ホシノ酵母の深い香りが漂います。
食感も十分あり、引きちぎって食べるようにいただきました。


ミルトコッペさんは窯、作成法、風土にこだわって日々美味しいパンを作っています。
ホシノ酵母のパンは、噛めば噛むほど甘みが出ます。
焼き立てはもちろん美味しいのですが、時間がたった酵母の香りも良いのです。


20年以上ホシノ酵母を使ってパンを焼いている知人は、
『ここのホシノ酵母パンは懐かしい味。この味はもうどのお店でも味わえない』
と言って、数時間をかけてお店へ行っています。
そういったファンの方も多いのでしょう。
まとめ買いの方や予約の方が多く訪れているそうです。

窯焼きパン工房 ミルトコッペ
北海道岩見沢市美流上美流渡の森
Tel: 0126-46-2288
営業時間 9:30~パンがなくなるまで
月・火お休み

■ジュニア・パンアドバイザーコース渋谷12期
 2011年8月20日(土) 10:00~19:15 会場:協会本部渋谷教室

■パンアドバイザー養成講座HP
http://pan-a.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読