「野菜と果物で美しく!」byベジフルビューティー養成講座

2015年9月25日

地域の恵み ?『地産池消』から生まれる旬野菜の料理たち

皆さま、こんにちは!
ジュニア野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザーの藤原奈美子です。

『地産池消』ここ数年で全国各地に根付いてきたこの言葉。
「地元で生産されたものを地元で消費する」
食の安全性が問われ、生産者と生活者がもっとクリアに結びつく方法の一つでもあり、野菜や果物などの食材が一番フレッシュで栄養価が高い状態で食べることができる。フードマイレージ、輸送にかかる二酸化炭素の削減にも貢献できる。

「釧路には何もないよね」
私が暮らす北海道釧路。港町である釧路は以前から漁業で賑わう地域です。
昔はこんな会話を耳にしては寂しく感じていた記憶が残っていますが、最近は「釧路こそ」の食文化が芽生えつつあります。

美味しい料理を堪能した旅行先から戻る飛行機の中で、私は必ず思うことがあります。
「やっぱり海産物は釧路が一番おいしい」と。

今では魚介だけではなく、地元産の牛肉や豚肉、鹿肉、チーズなどの乳製品、そして野菜や果物...近郊の地域で生産される食材を合わせれば、一つの地域でほぼ全ての地元産食材が揃うこの道東釧路はとても魅力的な要素を持ち合わせています。


ここ釧路にお店を構えた、地元産食材をふんだんに使った"くしろフレンチレストラン"
『restaurant&community iomante(イオマンテ)』
厳選された生産者の顔が分かる「食材」と、「アイヌ文化」に密接したこだわりのあるスパイスを使用した料理を提供する、地元を大切にするシェフの思いが伝わるお店です。

事前にシェフへ依頼し、この日は、釧路市 石井農園さんより仕入れた旬の「茄子」を使った料理をご提供いただきました。

◎釧路産秋刀魚と野菜のテリーヌ

150831-01.jpg

 野菜の色鮮やかさに見入ってしまう前菜。ビネガーでマリネされた釧路産の秋刀魚はほどよい酸味で、茄子やパプリカの味を引き立てる夏にぴったりな爽やかな味わいです。


◎野菜と標茶「星空の黒牛」のステーキ

150831-02.jpg
 
 見た目にも豪快に盛り付けられた標茶「星空の黒牛」と野菜たちのステーキ。
 牛肉のボリュームにも劣らない茄子やパプリカ、ズッキーニ...加熱で野菜本来の甘みを十分に引き出し、濃厚な味の牛肉をしっかり受け止めています。

これらの料理の他に、パン、コーンと牛乳と塩のみで作ったスープ、コーンのアイスクリーム、香ばしい香りのキクイモ茶がついたランチコース。
「本日はお野菜たっぷりの料理ですね」とウエートレスの方が優しい笑顔で接客してくれる、そんな素敵なおもてなしを受けられるお店です。


夏から秋にかけて美味しさが増す「茄子」
"なす紺"と言われる紫紺色の皮に含まれる色素成分「ナスニン」はポリフェノールの一種。抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑制するため、動脈硬化や高血圧の予防、老化防止の効果があると言われています。

また、茄子とトマトの組み合わせは、味はもちろん、効能についても相性が抜群!
貧血や糖尿病の予防、肥満防止の相乗効果が高まります。トマトソースのパスタやピザ、ラタトゥイユなどの煮込み料理で上手に摂取したいものですね。

スーパーなどの店頭には様々な産地の食材が豊富に並んでいます。その数多い食材の中から自分で選び、自分や家族の健康と美容を守る食事を作る。
恵まれている環境ではありつつも、良質な食材を自分で見極めるチカラを養う必要があることは、現代のちょっとした課題なのかもしれません。
その手助けとなるキーワード『地産地消』
 誰の手で、どこから収穫されたものなのかがわかる安心感、それらの食材を選別し、こだわりを持って調理した料理を提供してもらえる幸福感。
 地元を大切にする想いから、人々が繋がり、新たな食文化が生まれる可能性を秘めているものと信じています。

 
ジュニア野菜ソムリエ
ベジフルビューティーアドバイザー 藤原 奈美子
nami's Life Beauty  http://ameblo.jp/nami-lovebirds/

※取材協力
『restaurant&community iomante(イオマンテ)』
http://www.i-omante.com/


*~*~*~*~*~*~*~*~*
ベジフルビューティー養成講座
http://beauty.vege-fru.com/
*~*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  | 

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読