「野菜と果物で美しく!」byベジフルビューティー養成講座

2011年3月25日

『食の日』コラム トマトのこと。 知っていますか?

prof1103.jpg宮崎 希(兵庫県)

会社員
ベジフルビューティーアドバイザー / 野菜ソムリエ
子供の頃からアトピーで悩み、食の大切さに気づいて肌改善できました。ベジフルビューティーで学んだことを沢山の方に伝える為、ベジフルビューティーアドバイザーとして"キレイのライフデザイン"をテーマに講師活動やレシピ考案など活躍中。
「野菜ソムリエ&ベジフルビューティーアドバイザー☆山女の健美的ゴハン」
http://ameblo.jp/yamame-vfb/



トマトのこと。 知っていますか?
近年、どこの食卓にも並ぶようになったトマト。
ケチャップやトマトソースなんかもそうですよね。

その姿かたちを見たらほとんどの人が「トマト」だと認識できるような身近な存在になったトマトがいつどこで生まれたのか。
どんな歴史を持っているのか。
どんなパワーを秘めているのか。
みんな食べているトマトのこと。 
この食と野菜ソムリエの日をきっかけに、少しだけみつめ直してみませんか?


◆ 生い立ち ◆
トマトは、ペルーのアンデス山脈生まれ、メキシコ育ち。
中南米からヨーロッパへ、そして北米や日本へと世界を旅したトマト。
諸説ありますが、スペイン人によってヨーロッパにトマトはもたらされたとも言われていて、そうでなければ、「トマトベースのパスタやピザなどが生まれなかったのかも?」思うとなんとも味気なく感じてしまいますね。

とは言え最初は食用としてもらえなかったトマト。
"マンドラゴラ"と言う毒性の強い実と似ているため、誤解され鑑賞用でした。
食用になるまで1世紀もかかったとも言われています。


◆ 今では世界で愛されるトマト ◆
ヨーロッパ、アメリカ、アジア・・・。
どこの国に行ってもトマトを使った料理が存在するのではないでしょうか。
生でも加熱しても食べられる便利さと旨味成分のグルタミン酸などが豊富なことからヨーロッパには「トマトのあるところにヘタな料理人はいない」なんてことわざも。

パリの街角で山積みになって売られているトマト
1103-01.jpg

◆ 世界の女性の美と健康を支えるトマト ◆
トマトには、ビタミンCやβ-カロテンや食物繊維などが含まれ、たくさんの美容効果が期待できると言われていますが、その中でも特筆すべきはトマトの赤い色の元となる。
"リコピン"
近年、本当によく聞くようになりました。
このリコピンは老化の原因や生活習慣病などの原因となると言われている活性酸素を抑える、抗酸化作用が強く、その効果はβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上にもなると言われています。
そのリコピンは美肌や美白効果も期待できると言われており、いつまでも美しくありたいと願う女性の強い味方!
美容だけではなく「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言うことわざが示すように、「真っ赤に熟れたトマトを食べていると病院に患者さんが来なくなってお医者さんが困る」と言われるほど、健康にも良いと言われています。


◆ リコピンを効率よく摂り入れるには ◆
それは、油と一緒に摂ること!
リコピンは油に溶けやすく加熱にも比較的強いので、油を使って調理した方が生で食べるよりも
体への吸収率が上がります。
そこでこんな1品。


* フライパンひとつでたっぷり野菜のフレッシュトマトソースチキン *

1103-02.jpg
・・・ 材料 ・・・
トマト : 1個          鶏ムネ肉 : 150g       
タマネギ : 1/2個      塩 : 適量
シイタケ : 1個        コショウ :適量
オクラ : 2本         醤油 : 小さじ1
ニンニク : 2カケ      オリーブオイル : 大さじ1
スライスチーズ : 1枚


《 作り方 》                                 
◎ムネ肉にフォークで何箇所か穴をあけて、塩、コショウで下味を付けておく。
◎フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて炒め、香りが立ったらニンニクを一旦出し、ムネ肉を入れて蒸し焼きにして出しておく。
◎その後のフライパンにオリーブオイルを少し足してニンニクを戻し、タマネギ、シイタケ、ざく切りにしたトマト、オクラを入れて炒め塩、コショウ、醤油で味を調える。
◎適当にちぎったスライスチーズを余熱でとかし、お皿に盛り付けたら出来上がり。
   
オリーブオイルと合わせる事によってリコピンの吸収率を高めていますよね。
それ以外にも、たんぱく質とビタミンCを一緒に摂る事によって、体の中でコラーゲンの生成を促すのでぷるぷるお肌も期待できるかもしれません♪
オクラ、しいたけ、チーズには美容ビタミンと呼ばれるビタミンB2も含まれます。

そんな美容効果も期待できるトマトは加熱することによって甘味や旨味がグッと上がりますので、いろいろなお料理にして楽しめます。


◆ ベランダ栽培も簡単なトマト ◆
1103-03.jpg私は毎年、苗を買って来てベランダで
トマトとミニトマトを栽培します。
虫もつきにくいですし、育てやすくベランダに
あるとお料理にとても便利。
水を極力減らすととても甘いトマトが
出来上がります。
スパルタ栽培に耐え、美味しい実を
つけてくれるのです。
ある意味、ものぐさな人にでも
育てられるのではないでしょうか。

今では品種改良なども多く行われ、8000種類を超えると言われているトマト。
美容、そして健康のためにも昨日より意識しながら日々の生活に取り入れてみませんか?

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読