「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2019年8月 7日

【東京】2020GM10プロジェクト オリンピック選手を目指すために次世代のアスリートに今から取り組んでほしいこと ゲスト講師 ロンドンオリンピック銅メダル女子元日本代表バレーボール 狩野舞子さん

アスリートフードマイスター事務局では、
2020年に向けて、トップアスリートの「食事マネジメント」を担える人材育成プロジェクトとして
「アスリートフードマイスター2020GM(ゴールドメダル)10プロジェクト」を実施中です。
世界で戦う未来のアスリートたちを食で支えることで、日本のスポーツ界に貢献できるアスリートフードマイスターの育成を進めていきます!


今回は、ロンドンオリンピック銅メダル元日本代表女子バレーボール
狩野舞子さんをゲスト講師にお呼びし、
「オリンピック選手を目指すために次世代のアスリートに今から取り組んでほしいこと」について
お話をしていただきます。

<内容>
・現役時代を振り返って・・・
  10代の部活練習・トレーニング・生活習慣・食事面について
  20代から現役引退まで 
   海外リーグの経験 怪我との向き合い方 リハビリについて  
・日本代表選手してのオリンピックの感想
・東京オリンピックの楽しみ方 
・これからのアスリートへのアドバイス  など


御自身が競技者で更なる高みを目指したい方、
アスリートを指導、サポートされている方、競技を問わず、スポーツに関わる方に参考になる内容です。
ぜひご参加ください!

※セミナー内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プロのアスリートの経験談が聞けれる機会です。
一般の方も参加が可能ですので、是非ご参加くださいませ。

*******************************************************
【日時】2019年10月18日(金)19:00‐20:15(受付開始18:45)
【場所】築地教室
【定員】先着25名
【参加費】アスリートフードマイスター受講生以上 2,000円/ 一般 3,000円
【参加資格】一般可・どなたでもご参加頂けます。
【持ち物】筆記用具

狩野様.png


【講師】狩野舞子 さん
15歳で全日本代表候補に選ばれたが、成長に伴う腰痛に苦渋し、期待されたアテネ五輪代表入りは成らず。名門校のエースとして春高バレーなどで活躍し、再び注目を集める。久光製薬スプリングスに入団し、開幕戦スタメンと順調なスタートを切った。
全日本代表で国際大会にも出場したが、2年間に左右のアキレス腱を断裂する不運に見舞われた。持病の腰痛、足の治療に専念するためチームを退団。その後、世界最高峰と言われる2大海外リーグへ挑戦し、9年越しの夢を叶えてロンドン五輪に出場した。翌シーズンからは久光製薬スプリングスに復帰しセッターに転向するも、3年後の'15年には1年間バレーボールから離れ休養。2016年、PFUブルーキャッツでスパイカーとして復帰し、2017-18年シーズンには、Vチャレンジリーグの準優勝に大きく貢献する。2018年5月、黒鷲旗を最後に惜しまれながらも現役を引退。引退後はこれまでの経験を活かし、様々な活動を展開している。

*******************************************************
■申し込み方法■
※無断欠席された場合、
今後セミナーへの参加をお断りさせていただく事もございます。
※定員になり次第締切とさせていただきます。
※キャンセルされる場合は必ずお電話にてお手続きください。
※事務局より事前に参加の確認をご連絡する場合がございます。

【HPよりお申込み】
こちら

【お問い合わせ先】
株式会社アスリートフードマイスター 
TEL: 03-6278-8629(平日10:00-18:00)
MAIL:info@athlete-food.jp

<< 前のページへ  |  ホーム  | 

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読