「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2018年10月 3日

糸井恵美さんの新連載【プロ野球選手の食卓】第1回「想い出のご飯」

5回シリーズでお送りする新連載の1回目をお届します。

プロ野球選手はどんな食事でカラダをつくり、コンディションを整えて
いるのでしょうか?最もカラダづくりについてお伺いしたいプロ野球選手!
「阪神タイガースの糸井嘉男選手」
奥さまの恵美さんに「いつもの糸井家の食事」について教えていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めまして、糸井恵美(めぐみ)と申します。主人は阪神タイガースで外野手を
しております糸井嘉男です。今年で結婚13年目になり、12歳の長女と9歳の次女がおります。

突然ですが、皆さんには『想い出のご飯』はありますか?

嬉しかった時、楽しかった時のご飯。悔しかった時のご飯。
それを口にする度に懐かしい味がする・・・。
私にも忘れられないご飯があります。

今から13年前。23歳の時に私は主人と結婚しました。
実家育ちで、ろくに家事も出来ず、ましてやアスリートの奥さんになる覚悟なんて
ないまま野球選手の奥さんになりました。
引っ越しを済ませた日、新居のキッチンで初めての夕飯作り。
私は『ミートグラタン』を作る事にしました。
これは、何も出来ない私にも出来る簡単レシピの1つとして母から教えて
もらっていたもので、メモを見ながら、10回は母に電話をして指示を仰ぎながら
必死に作りました。
そんなこんなで出来上がったミートグラタンとスープ、レタスとトマトだけのサラダは
とてもいい匂いがして、自己満足に浸りながら主人の帰りを待ちました...

そして食卓についた主人から一言。

『・・・ご飯、これだけ?』

そうだったのです。私、アスリートの奥さんになったのです。
栄養バランスとか、身体作りの為のご飯。そんな事考える余裕もない私が
必死に作った初めての力作でした。
あの夜食べたミートグラタンはとっても美味しくて、そして不安だらけの味がした事、
今でも忘れられません。

あの日から13年。嬉しい日も悲しい日もご飯を作ってきました。
あの日があって、今がある。

そんな今夜は久々に『想い出のミートグラタン』で夕飯です。
タイチ写真ブログ用.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
糸井さん写真サイズ変更.png
          糸井恵美さん アスリートフードマイスター3級
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新婚ならではのエピソードがほほえましいですね。
ミートグラタンはたんぱく質、炭水化物、カルシウム等が摂れる
栄養満点のメニューです。ボリュームもあり、子供から大人まで
みんな大好きなメニューです。
早速、今晩のおかずにいかがですか?
次回は10月18日掲載になります。お楽しみに・・・。


<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読