「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2018年7月17日

最終回『アスリートフード11(イレブン)』vol.11ポルトガルのタコのトマトリゾット

「アスリートフード11(イレブン)」貴田さんからのラストパスは高萩理奈さんへ、
ゴーーーール!!
最終回の11回目はFC東京のMF高萩洋次郎選手の奥様。高萩理奈さんです。
プロのアスリートのカラダを支える一品を紹介いただきました。

Portugal[1].png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。各国の熱い戦が続いた
ワールドカップロシア大会もフランスの20年ぶり2回目の優勝で幕をおろしました。

さて、この日本では日に日に増していく暑さの中、
アスリートだけではなく、私たちも体調管理が大切になってくる季節です。


最後のブログで選ばせていただいたのは、【ポルトガル】。
実は、歴史的にも日本の食文化に大きな影響を与えているポルトガル。
カステラ、天ぷら、がんもどきなどがその代表ですね。
加えてポルトガルでは魚を使ったお料理が多く、味付けも実にシンプルで、お米もよく食べられています。
日本の食生活に近いものを感じませんか?

今回ご紹介するのは、ポルトガル料理の中でも有名な『タコのトマトリゾット』!

暑い夏の日差しを浴びて育ったトマトと、低脂肪高たんぱくなタコを合わせた一品は、この暑さに負けることなく、
アスリート達がしっかりと栄養補給をし、スタミナをつけて戦える1品となってくれることでしょう!
もちろん、試合後の回復食としてもおすすめです。
思い付いたときに、自宅にある調味料で簡単に調理できるよう、アレンジをしてみました。
お好みで、香草を添えて。

『ポルトガル風タコのリゾット』
20180712_084916.jpg

<材料>
トマトホール缶 1/2缶
タコ 200g
お米 1合
ウインナー 4,5本
たまねぎ 1個
にんにく 1片
コリアンダー 適量

オリーブオイル 大さじ2
塩コショウ 少々
コンソメ 少々
赤ワイン小さじ1(なくても可)
ケチャップ 大さじ1
水 500-600ml

作り方
1.タコはよく洗って水気をとり、一口大に切る。たまねぎ、にんにくはみじん切りにしておく。
2.フライパンもしくは鍋にオリーブ油を入れ、にんにくを入れて弱火にかける。
香りがつき、オイルが温まったらたまねぎを入れ、塩コショウをして炒める。
3.たまねぎに火が通ったら、米、ウインナーを入れて炒め、なじんだら、トマトのホール缶と水、ケチャップを入れる。全体が温まったら、タコ、コンソメ少々を入れて、鍋底が焦げ付かないようヘラで混ぜ痛めながら15-20分ほど弱火で煮込む。
4.味をみて、塩コショウ、コンソメで調整をする。お好みで、コリアンダーを添えて完成。

ここがアスリートポイント!
タコには魚介類の中でもトップクラスのタウリンが含まれており、疲労による肝機能の改善や肉体疲労の回復にとても良いとされています。
低脂肪のためカロリーも低く、タンパク質が豊富で、ミネラルを多く含むため、アスリートにも最適な食材。
また、コレステロール値を下げる働きもあります。
トマトには、体をさびさせない、老けさせない抗酸化物質リコピンが豊富で、ビタミン、ミネラルも多く含まれています。良質なオリーブオイルと併せて摂ることで、その効果は倍増。
タコ、トマト、オリーブオイルが揃ったら、是非この夏、ポルトガル風タコのリゾットを試してみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高萩理奈さん:アスリートフードマイスター2級

FC東京 MF高萩洋次郎選手の奥様。
日々ご主人のパフォーマンス向上のため、
タイミングに合った食事メニューを心がけている
また、そのその知識や経験を活かし、
食事術セミナーなどの講師も務める。


<< 前のページへ  |  ホーム  | 

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読