「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2018年6月20日

『アスリートフード11(イレブン)』vol.1 サッカー日本代表の大金星の秘訣は「金ごま」?勝利をよびこむアスリートフード

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会にて
日本がコロンビアを破り、大金星を挙げ日本中が盛り上がっていますね!

予選を突破するべく、連日期待が高まっている中、
アスリートフードマイスター事務局では、日本中のアスリートのパフォーマンスアップを願い、アスリートを食事で支えるスペシャル企画をスタートします!

題して、『アスリートフード11(イレブン)』

アスリートフードマイスターの資格を有している、
選ばれし11人が開発した、11種類のレシピを紹介していきます。
『アスリートフード11(イレブン)』ではアスリートのパフォーマンス最大化に適した食材を使用したレシピや、世界大会開催国や出場国の料理をアレンジしたオリジナルのアスリートフードレシピをご紹介していく予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1回目は、
サッカー日本代表の 西野朗監督が
大好物の「ごま」についてです。
Japan[1].png

日本の金星の秘訣は、「金ごま」だった?

サッカー日本代表の西野監督は「ごま」が大好物!
「すりごまがないとクラブ時代もかなりイライラしていました。擦ってないとダメ。必ず何にでもかけちゃうんですよ。金ごまです」と、マイすりごま器を持つエピソードを披露するほどだったとか・・・

ごまは、『ビタミンE』『セサミン』などの抗酸化成分は疲れを取り除いてくれる働きもありますので、脳を落ち着かせて集中力UPに効果があると言われています。
コロンビア戦での、効果的な選手交代の名采配は「ごま」のおかげかもしれませんね!

また、オレイン酸やリノール酸などの『不飽和脂肪酸』をはじめ、
良質な『たんぱく質』『食物繊維』『鉄分』、『カルシウム』『ビタミン類』が豊富に含まれ、1日に必要とされる栄養分を補ってくれう上、安価で手軽です。

しかも、西野監督のように、「ごま」をすり潰すことで表皮付近に集中している栄養素が効率よくカラダに吸収されます。
西野監督、さすがです!

ごまは、それだけでたくさん食べるのは難しいので、「いろいろなメニューにとにかくかける」のがアスリート的にはGOODな取り入れ方です。
お豆腐、肉、魚、煮物、ごはん、味噌汁、、、なんでもかけちゃいましょう。
いつでも持ち歩いて出かけるという西野監督の方法が一番おすすめですね。


【アスリートフードレシピ vol.1】  

「鶏レバー煮のすりごま和え」

ゴマレバー.jpg


レシピ
材料 ( 4 人分)
鶏レバー 200g

白すりごま 大さじ2

しょうゆ 大さじ2
きび砂糖 大さじ2
酒 大さじ2

七味唐辛子 適量(お好みで)
ブロッコリースプラウト (飾り)

作り方(調理時間 約15分)
1. レバーをキッチンバサミで食べやすい大きさに切り、水を張ったボウルにしばらくつけておく(10分程度)
2. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したお湯でレバーを1分ほど茹でる(強火でよい)
3. レバーをザルにあげておく
4. 鍋かフライパンにしょうゆ、砂糖、酒を入れて火にかけ、沸騰したらレバーを入れ蓋をして、強火で3、4分煮絡める
5. レバー煮に皿に上げ、すりごまを絡めて、七味唐辛子を振りかける


レバーを他のお肉に代用してもよさそうですね!
皆様も是非お試しください!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐々 智雄さん:アスリートフードマイスター2級
料理研究家。アスリート向け料理教室や講座を開催。
東京都八王子市にて、アスリート向けの食堂を展開中。


取材協力:アスリートフードマイスター認定講師 中野ヤスコさん

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読