「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年12月 7日

アスリートに最適!鍋料理

こんにちは。ジュニアアスリートフードマイスターの藤田景子です。
寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

冬は乾燥するし、インフルエンザが流行したり...だからこそ、
しっかり食べてしっかり寝る事が大事だなと思う今日この頃です。
ちなみに、昨年はインフルエンザが流行しだした頃、
絶対に感染しないように毎日通勤・仕事中もずっとマスクをして予防しました。
社内で1人・2人・3人...と連続で感染し始めたので、
いつもより手洗いうがいもしっかり!そして早く寝る事を心がけ実行しましたが、
その努力はむくわれないまま私もインフルエンザに感染しました。
予防接種をしていたので高熱は出ませんでしたが、
今年は感染ませんようにと願うばかりです。

 話はそれましたが、皆さんは冬にお鍋をよくするのではないでしょか?
お鍋料理は、"旬のお野菜や素材を入れられて、
ビタミン・ミネラルをサプリメントで補わなくても完璧に摂れる"
という利点があります。

魅力なのは・主菜・副菜・汁物がひとつの鍋で作れること・
油を使わずに調理できること・締めを上手に活用することで、
ごはんや麺類など主食もきちんととれる・
鍋を囲むことでコミュニケーションが取れる・
調理が簡単だという事です。

スポーツ愛好家や、プロを目指す子どもたちにとっても、
食事管理は日常生活の一部であり、それは私たちにとっても同様です。
ですから、簡単に栄養バランスが取れる鍋料理は、理想的と言えるでしょう。
鍋料理は具材とともにだし汁にも工夫すると、
さらに栄養バランスに優れた料理となります。

とくにおすすめしたいのは「豆乳鍋」です。
豆乳には、大豆たんぱく、イソフラボン、鉄、リノール酸、レシチン、サポニンなどの
成分が含まれています。
大豆由来のプロテインを飲むアスリートもいますが、
汁ごと味わえる豆乳鍋なら、より自然に豆乳の成分を取ることができます。


【AFM01】.jpg

アスリートにはもちろんですが、女性や子どもにもすすめたいです。
私は「一流と呼ばれる選手ほど、規則正しい食生活を大事にしている」
ということを確信しています。

アスリートが体づくりやコンディション管理で気をつけていることは
「疲労回復」「減量(体脂肪)」「スタミナ&筋肉量&集中力アップ」です。
ですから、食事の条件は
【1】十分なエネルギー【2】低脂肪【3】高たんぱく
【4】高ビタミン&ミネラルとなります。

食事は栄養バランスさえよければいいというものではありません。
ハードなトレーニングの後は食欲もわかず、胃腸もデリケートになりがち。
どんなに栄養バランスがよくても食べられなくては意味がありませんし、
消化が悪ければ体に吸収されにくくなってしまいます。
ですから、見ただけでも食べたいと思わせる彩りや、
食べておいしいと感じさせる味わい、
消化吸収のよい食材や調理法が、実はとても大きな要素なのです。

アスリートはとくに五感が鋭いので、盛りつけにも工夫が必要です。
鍋料理を仲間と囲むことで生まれるコミュニケーションも、
リラックスのためにはとても重要なポイントです。
最近は様々なお鍋の味がお店にたくさんあるので、
是非お鍋を囲んで楽しい冬をお過ごしください。

 コラムもこれで最終です。あっという間に1年が過ぎた事を実感しています。
とても貴重な体験をさせていただき感謝しています。
目を通して下さった方々、本当にありがとうございました。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読