「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年9月21日

季節の変わり目 体調管理の重要性

みなさんこんにちは、ジュニアアスリートフードマイスターの高橋明日香です。

まだまだ暑さは残るものの一脈の風に秋を感じるようになってきましたね。
気温や湿度の安定しない季節の変わり目には、体温調整に多くの体力が奪われます。
その結果、普段より疲れがたまりやすかったり風邪をひきやすくなったりしがちです。

最近夫の師にお会いすることがありました。
その際教えていただいたことがとても印象に残っています。
師曰く「トレーニングは一日休んだら元の状態戻すのに二日かかる。
二日休んだら四日。
一度休むと毎日練習できる人との差を埋めるのは思う以上に難しい」と。
毎日のトレーニングとそれを可能にするような体調管理の重要性を
再認識しました。
風邪に負けない体づくりをご飯でサポートしたいですよね。

それでは季節の変わり目には何をとるといいかですが、答えはビタミンです。
とくに免疫力を高めるA、疲労回復効果のあるCを摂取しましょう。

今回はこれらがたっぷりとれる肉巻きバルサミコソースと
洋風蓮蒸しの簡単レシピをご紹介します。
ビタミンAが豊富なかぼちゃとビタミンCの多いじゃがいも、
レンコンを用いたので是非作ってみてくださいね。

伊井さん.jpg

◇かぼちゃとジャガイモの肉巻きバルサミコソース◇
◆材料(二人分)◆
牛もも肉薄切り6枚、かぼちゃ1/8個、ジャガイモ1個、
バジル少々、塩胡椒少々、小麦粉大3、片栗粉大3、
バルサミコ酢大2と1/2、醤油大3、はちみつ大1
◆作り方◆
《下準備》かぼちゃとジャガイモを別々に蒸して潰す。
小麦粉と片栗粉を混ぜてふるっておく。
バルサミコ酢と醤油、はちみつを合わせてソースを作っておく。
1・かぼちゃは塩胡椒、ジャガイモは塩胡椒とバジルで味を調えそれぞれ三等分にし俵型に丸める。
※もしあればチーズなんかを中にいれるとおいしい。
2・肉で巻いて粉をまぶし、オリーブオイルで焼く。
3・火が通ったらソースをいれて程よい粘度になるまで水分を飛ばしてできあがり。

◇洋風蓮蒸し◇
◆材料(二人分)◆
レンコン200g、枝豆8房、エビ5尾、塩少々、1、片栗粉大1、
醤油小1、コンソメ小2
◆作り方◆
《下準備》枝豆をゆで皮をむく。エビの皮をむき枝豆サイズに切る。
1・レンコンをすりおろす。水気をしぼったら枝豆とエビを合わせ
丸めて蒸しあげる。
2・蒸している間に水80ccをフライパンで熱しコンソメ、醤油を入れ
片栗粉でとろみをつける。
3・むしあがった饅頭に餡をかけて完成。
※鶏そぼろやチャーシューを中にいれてもおいしい。

いかがでしたか?たっぷりビタミンご飯に加えて、うがい手洗いの予防、
十分な休息をとることで元気に季節の変わり目を乗り切ってください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読