「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年9月14日

登山の身体作り

ジュニア アスリートフードマイスター 木内菜穂子です。

皆さんこの夏はどのようにお過ごしでしたか?
仕事柄まとまった休日が取りにくく、
身体も少し重くなってしまいました。
私の唯一の趣味、「登山」に行くと体が重いと痛感します。

体力がなくなるのもつらいし、
必要な栄養も摂りたいというすごく欲張りな私。
菜食に戻すだけではやっぱり物足りない。
その時は雑穀と玄米に頼ってます。
(雑穀なんてひどい言い方・・・こんなに栄養満点なのに。)

昔はお米が手に入ら無い代わりに食べていたし、
きちんと丁寧に雑穀と向き合うとそれはそれは素晴らしいメニューに
なります。

週に3回、3合炊いてます。
あくまでも主食ではなく捕食や材料としてです。
私は仕事に行く前に軽く研いで、水につけておきます。
少し長くつけると小さくてかわいい発芽も見られます。

圧力鍋で炊くのですが小豆と黒米なども入れます。
黒豆も入れるとおいしいです。

炊き上がったら使う分だけバットに広げて冷まします。
ドレッシングや黒酢、バルサミコをかけてパラりとした質感にして
サラダのトッピングや
軽く握って、麻の実(ヘンプシード)をまぶして肉団子のように使ったり。
保温しておけば寝かせ玄米になるとのことですが、
寝かせる間もなく食べきってしまいます。

便秘は元々ないのですが、ますます快腸になりますし
疲れにくくなります。
最近はもち麦、たかきびも仲間入りしました。
玄米で作る甘酒も砂糖やみりん替わりに使ったり
ますます玄米とは仲良くなりそうです。

すぐに体重が減ることはないのですが
意識することで精神面や、汗がサラサラになったり、
何らかの身体の変化を感じます。
主人のヒルクライム参加の際には
(次回8/30 全日本Mtサイクリングin乗鞍)
私も少し体を絞って乗鞍を楽しんできます。

この時期お薦めのスムージー

材料:約300ml分
   豆乳(減脂タイプがあればなお可) 100ml
   いちじく   大き目2個くらい(完熟、皮付き)
   玄米甘酒 50g
   ヘンプシードナッツ 大1
   ビーポーレン 大1(トッピング)
作り方:ビーポーレン以外をミキサーで滑らかになるまでかくはん。
粒々が好きな方はお好みで。
アーモンドミルクでも美味しそうです。
イチジクは女性の味方です。
旬の味覚を楽しみたいですね。
夏バテやこれから来る寒さに強い身体作りも意識したい毎日です。


<我が家の基本方針>
「怪我をしない」
「疲れを残さない」
「目標タイムに近づく」
「楽しむ」をモットーにこれからもサポートしていきます。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読