「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年8月24日

疲れたらハマスでリカバリーフード from アメリカ

こんにちは、ジュニアアスリートフードマイスターのマクラム衣里です。

アメリカからお届けする私のコラムも後半戦に入りました。
こうして皆様に情報を発信する機会を与えて下さったAFM事務局の皆様、
拙い文章にも関わらずお付き合いくださっている読者の皆様、
それぞれに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
残りのコラムでも、アメリカならではのアスリートフードに関する話題を
皆様と共有していければと思いますので、至らない点も多々あるかと思いますが
どうぞよろしくお願い致します。

夫が仕事の合間をぬってジムに通っていた頃、私も付き添って参加した
初めてのエクササイズのクラス、それがスピンクラスでした
(日本ではエアロバイククラスと呼ぶのでしょうか)。
アメリカ人インストラクターが参加者のモチベーションを最大限に引き出す為に
様々な工夫を凝らしていて、クラスが終わった後は疲労というよりも、
ちょっとしたカルチャーショックを受けたのを覚えています。
インストラクターが大きな声で指示をだしながら、大音量のノリノリな音楽に
合わせてひたすらバイク(自転車)を漕ぐこのエクササイズ。
一昨年日本へ一時帰国をしていた際、アメリカが拠点のスピンクラス専門のジムが
日本にもオープンしていた事を知りました。
日本でもとても人気があるみたいですね。これから挑戦してみたいな、
と考えている人も多くいるのではないでしょうか。


このエクササイズはだいたい45分から1時間以内のクラスで、
消費カロリーは400?700kcalに及ぶもの。
1000kcal消費を謳ったクラスも目にすることがあります。
クラスの終わりが近づく頃には大量の汗&足が震えて、最後のストレッチを
するのも辛いくらいです。
運動後は30分以内のエネルギー補充が大事なのは分かっていても、
激しい運動の後に口に出来る物はとても限られてきますね。
特に夏場は食欲自体が減ってしまっている事もあると思います。


そんな時の我が家の救世主がハマス(Hummus)です。
これは中東が発祥のディップで、ひよこ豆、タヒニと呼ばれる胡麻ペースト、
にんにく、レモン汁、オリーブオイルが用いられるのが基本です。
そこに色々な食材を足すことで味にバラエティーを持たせることが出来ます。
私はオリーブの身の入ったハマス、スモークサーモン入りのハマスをよく購入していて、
これをパンやクラッカー、野菜スティックに付けてささっと栄養価の高い軽食を
取りたい時に大活躍しています。

AFM01マクラム.jpeg
(スーパーのハマス売り場。沢山のブランド、味があるので足を運ぶ度に新しい味が楽しめます)


ハマスの主な材料であるひよこ豆は良質なたんぱく質で、
体内では生成出来ないビタミンB1を豊富に含みます。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える際に必要ですから、
そのエネルギーが筋肉痛や疲労の回復につながり、運動後や夏バテの際には
大切な役割を果たしてくれる栄養素です。
もう一つの主な材料の胡麻ペースト、タヒニ。胡麻は粒の胡麻より
ペースト状にしてある方が(すり胡麻もいいですね)栄養の吸収のされ方が
断然良くなります。なんでも、胡麻の小さな粒は全てを噛むのは難しく、
また固い皮は消化されずにそのまま排泄されてしまうものが多いとか。
ペーストになっていれば消化不良の心配なく、胡麻の栄養素を丸ごと
取り入れられます。
胡麻にもビタミンB1が含まれているので、ひよこ豆と胡麻ペーストの
2つの力によってリカバリーフードにはうってつけなハマスです。


AFM02マクラム.JPG
(オーガニック、Kosherのハマスもあります)


アメリカのスーパーではどこでも当たり前に売られているので、
日本でも気軽に購入できるようになるのも時間の問題かもしれません。
残暑が厳しいかと思いますが、栄養たっぷりの食事と睡眠でしっかり疲労対策をし、
あと少しの夏を乗り切りましょう。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読