「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年8月 3日

「ビジネス×スポーツ」におけるモチベーション維持について

こんにちは。ジュニア・アスリートフードマイスターの山本竜哉です。

第一回の連載で「ビジネス×スポーツ」の両立について、
1 の10kmラン 2 昼のパワーランチ 3 夕方のスイム の3つの必要性について
触れましたが、私の周りからもどうやったらそのモチベーションが保てるのか
という質問をよくいただくので、そのことについて冒頭話したいと思います。

まず、自分の中に「OK理論」という考え方があります。
朝早い段階で自分に「OK」を出してしまうというものです。
朝寝坊して、満員電車に揺られ、時間を気にしながら、ギリギリの時間に会社に駆け込み、
追われる中で仕事を始める...のは最悪ですよね。
午前中いっぱい、それで終わってしまっては生産性も悪く、またストレスも溜まるし、
ランチも抜く・・・といった負のスパイラルに陥ってしまいます。これは避けなければなりません。

そこで私の場合、朝早起きして10kmでも20kmでも走りながら仕事の整理を
頭の中ですることで、運動もできて整理もできて一石二鳥で、そして単に
「頑張った」「追い込んだ」という事実だけで自分にOKが出せます。
それだけで、朝食は美味しく感じるし、シャワーを浴びてすっきりするし、
何より頭で一日の動き方が整理されているので、少し早く出勤することでスムーズに
追う体制を作れますし、その後のランチも美味しければ、夕方早く上がって
自己研鑚や課外活動に励めますし、夜も安眠できます。
1日の早い段階でOKを出すという考えが、日々朝ランを続けるモチベーションに
つながるのです。

また、もう一つの考え方として、いかに「準備」できているかがポイントになります。
私は、夜寝る格好は、翌朝走るランニングの格好とルール化しています。
すると朝起きて鏡を見たときに、昨晩走ることを決意した自分を思い出し、
思い切って外に出ることができます。
ここぞというときにはランニングシューズを履いて寝ることもありますし、
大事な大会前にサボりたくない時なんかは、玄関で寝ることもあります。
ここまでくると大袈裟かもしれませんが、翌朝走る格好で寝るのはお勧めです。
また常に会社にもジムグッズを2?3セット常備しています。
夕方ジムに行く際に必ず1セット持って会社を出るようにします。
そうするとまっすぐ家路につくとただ荷物を持って帰るだけになってしまうので、
気づけばジムに寄らざるを得ない環境がつくれるわけです。

そして極めつけは、「時間割」という考え方です。
イメージとしては小学校の授業の時の時間割のように、毎日この時間は「ランニング」、
この時間は「ジム」、とカレンダーに当面先までデフォルトで入れてしまい、
その時間には打ち合わせや会合は入れないようにします。
打ち合わせ後にジムに行ったり、会合前にひと泳ぎという流れが作れます。

以上、あくまで私の中でのこだわりですが、仕事で多忙な方のトレーニング継続に
少しでもヒントになれば幸いです。

さて話は変わって、最近、週末は長女(4歳)と一緒に料理をすることが習慣になっています。
先週は、私も初体験でしたが、餃子作りに挑戦しました。

山本さん.png

シンプルに、キャベツ・ニラ・豚ひき肉・少々のにんにくを入れて作りました。
餃子の皮を包むのって難しいと偏見を持っていましたが、慣れてくれば意外と簡単で、
娘も楽しそうに作っていました。ポイントは具材を詰め込みすぎないこと。

餃子ってただ単に高カロリーな料理だと思っていましたが、ニラとニンニクに含まれている
「アリシン」には殺菌作用があり、さらに豚肉のビタミンB1と一緒に食べると
アリチアミンという物質に変わって、これが疲労を回復してくれるんです。
疲れると、餃子が食べたくなるのはこの理由かもしれませんね。

AFM02.JPG

餃子をメインに他にも品数を増やして、美味しく頂きました。
4歳頃って好き嫌いも出てきて、偏食になりがちですが、自分で作ったということで
餃子をパクパク食べていました。何事もやらせてみることが重要ですね。
時間かかってでもいいので、これからも娘との料理は定期的に
行っていきたいと思います。

ジュニア・アスリートフードマイスター
ジュニア野菜ソムリエ
 山本 竜哉

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読