「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年7月 6日

サロマから帰ってきました。

みなさん!ばななです。私40Kで収容バスに乗りました。
当日は気温も上がらず、絶好のウルトラ日和だったにも関わらず・・・。

なので、今回はジュニア・アスリートフードマイスターの菅野真喜さんの
完走記を前・後編に分けてお届けします。では菅野さんの体験記です。

第30回サロマ湖100kmウルトラマラソン完走記(1)

「ウルトラマラソンはフルマラソンの3倍ツラくて3倍感動する」と言われたことをきっかけに、
なんとなくウルトラマラソンをやってみたいと思うようになった。
でも100kmは勢いだけで走れるものではない。
特にサロマの制限時間13時間はフルマラソンで言うと制限時間4時間
に匹敵するくらいの厳しい関門である。

前年までにフルマラソンを5本走り、サブ4も達成して
ギリギリ13時間の関門をクリアできるくらいの走力をつけてから
2014年にサロマ湖100kmウルトラマラソンに出場しました。

結果は55km手前の大エイドでリタイア。

終わった直後は「気温が高かった」「足が痛かった」「お腹が痛くなった」
「リタイアバスに乗ってみたくなった」と色んな事を言っていたのですが、
中途半端な結果にモヤモヤしていたのでリベンジをする事にしました。

前年の失敗を考え、メンタルやスタミナが切れないようにするには?
お腹の調子を整えるのはどうしたらよいか?
また、完走経験者の話では「60から80kmが気持ちの上では一番ツライ」
という事を聞き、後半楽しく走れる様にするために、いつ何を補給すべきか
徹底的に調べ、さらに長い時間走れる足をつくるために練習量も
増やしたので4月末に軽く疲労骨折はしたものの(笑)
体調と足を整えて暑い気温にならない事を祈り6月28日サロマの舞台に
戻ってきました。

AFM001.jpg


■スタート→55km大エイド

去年はスタート時から20℃近い気温で気持ちも体も重たい感じでしたが、
今年は10℃くらいの肌寒い気温。でも走るには丁度いい感じです。
号砲も聞こえない後ろの方からゆるくスタート。
55km手前までは去年も走っているのでコース状況、
エイドやトイレの場所や混雑状況などもよく分かっている。

前回と同じ失敗を繰り返さないために今回はテーマを決めた。
「体内のスタミナ(グリコーゲン)をできるだけ減らさず後半に持っていく」
そのためには前半の戦略がポイントとなる。

50kmまでは休憩含めて体力温存でキロ7分で進む想定で走る。
スピードが上がる時はあえて歩いて調整する。
40km過ぎから始まる坂道でエネルギー切れを起こさない様に、
まだ補給食の出ない10kmと15kmでエネルギージェルを補給。

AFM002.jpg

20kmからバナナやアンパンなどのエイドが5kmおきにある。
走りながら摂取した炭水化物をエネルギーとして利用できるのは1時間で60g(240kcal)。
事前にエイドで出さる食品の栄養成分表を作り、何をどれくらい食べるかを
シュミレーションしてた。
それでも補えないビタミンやミネラルはスペシャルドリンクとして
自作したエネルギージェルを用意して補った。

食べなさすぎるのもダメだけど、食べすぎると胃が動かなくなってしまうので
食べる量にも注意した。前回、ウルトラで先に疲れるのは足でなくて
胃腸だという事を学んだ。

暑くなかったので無駄にエネルギーを使わずに坂道も歩かずに登れ、
去年リタイアした55kmの大エイドではスタミナも足も充分に残っていた。
今回はリタイアバスを見ても乗ってみたいとは思わない。

さあ、ここからが去年の自分を越えるウルトラマラソンのスタートです。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読