「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年6月15日

さしすせ「そ」

ジュニアアスリートフードマイスターの行村 知穂子です。

和食調味料の基礎と言われる、さしすせそ。
私は特に「そ」=「味噌」が大好きです。ほぼ毎日味噌を食べています。
一番好きな味噌料理はやはり味噌汁ですが、最近は蕎麦を味噌つゆで
食べることにハマっています。

偶然なのか味噌好きが高じたのか、自宅から歩いて10分の場所に「味噌天神」
という神社があります。ここは「日本で唯一、味噌にご利益がある」
といわれている神様を祭った神社なのです。

国分寺で大量に腐ってしまった味噌を笹の葉を刺して美味な味噌に
変えたという故事から、以来味噌の守護神として知られるようになったそうです。

画像行村AFM01.jpg

また、私の住んでいる熊本県には味噌を使った郷土料理がいっぱいあります。
・からし蓮根(からし味噌を蓮根の穴に詰め、揚げたもの)
・ひともじのぐるぐる
(ひともじとは分葱のこと。茹でた分葱を酢味噌で和えたもの)
・だご汁(熊本県では団子汁のことをだごじるといいます)

熊本県に限らず、実は日本全国たくさんの郷土料理に味噌が使われています。
これは昔から味噌が庶民に親しまれてきた証とも言えるでしょう。
国内で生産される約7割が米味噌で、他に豆味噌、麦味噌があります。
東海地方に豆味噌、九州地方に麦味噌が多いようです。

画像行村AFM02.jpg

味噌は、和食には欠かせない発酵食品の一つです。
代表的な味噌汁などの汁物系はもちろんのこと、炒め物、和え物、煮込み、鍋など
様々な料理に使われています。

味噌の主原料は大豆ですが、発酵させると大豆より優れた栄養価になります。
良質な炭水化物、タンパク質に加え、生命を維持するために不可欠な
必須アミノ酸8種類が全て含まれています。

スポーツをする人にとって味噌はたいへん優秀な存在です。
大豆そのものを食べるより味噌を食べる方が栄養の消化吸収が良いのです。
大豆のタンパク質が酵素によって60%が水分に溶け込み30%がアミノ酸になります。
炭水化物はブドウ糖になり消化吸収されやすくなります。
スポーツをする日の朝はぜひ味噌汁を飲んでスタートしたいですね。


「味噌は医者いらず」という言葉があります。
日本人にとって一日もなくてはならないものとも言われています。
味噌を味方につけ良質なタンパク質や、栄養をしっかり身体に取り込んで
いきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読