「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年6月 8日

毎日のお弁当作り。

こんにちは。新婚真っ只中の土野しずかです。
「For me」担当ですが、「For you」も織り交ぜて書かせて頂きます。

さて、アスリートな旦那様、以前は会社では宅配弁当を取っていました。
そういう方、多いですよね?家からはごはんだけ持って行き、
おかずだけ注文したり。妻としては、それってすっごく楽。
バランスも考えられているものもあるとか。

でもね、私の想いの一つに、「私が作るもので旦那さんの身体が作られて
パフォーマンスが上がる様を見てみたい」という気持ちがあったのです。
宅配弁当の内容に対して疑問があるからではなく、成長、変化を
実感したいという気持ちから、お弁当作りを始めました。

お弁当も作れば、三食全て、私が作るものを食べることになりますからね
旦那さんの出す結果は、私が出す結果とも取れる?
ところが旦那さん、故障してしまいまして、只今療養中。
走りたい気持ちを我慢して療養に専念することも、トレーニングのひとつ。

きちんと療養して、完治した時に最高の状態で走りだせるサポートができる
なんてラッキーです。
来るべき時に、良いパフォーマンスができるよう、下地作りのサポートをしたい。
と、申しましても、まだまだ未熟なジュニア・アスリートフードマイスター
ですからね、基本の基本に忠実に...ということで精一杯。
お弁当作りに当たって、私が気を付けていること...

「そんなことわかってるわよ!」ってこと、今から言いますよ。
1 三色の色が入るようにする。
忙しい朝、栄養のバランスを細かく考えなくても、結果「それなりのバランス」
になっていることが多い。
それに、「目に楽しい」って、食の基本でしょ?楽しんで食べてもらいたいですよね。

2 卵料理は必ず入れる。
「黄色」だけは確実に決まるから、あとは二色考えるだけでいいし。
その中でも出場回数が多いのが、「煮卵、酢卵」。
これ、作り置きで長持ちするし、朝は切るだけで済むし、とっても便利。
油も塩分も控えられる卵料理の為、療養中の体重増加防止にもお役立ち。

11208877_1576342799321416_1445277513_n.jpgのサムネール画像

そして、只今療養中の為、傷ついた組織を回復させる為にも、日々
タンパク質摂取できるよう気を付けているので、やはり卵は大活躍です。

3 旬を入れる。 言わずもがな、最も美味しい時だし、栄養価も高い。
このブログ執筆の頃は春でしたので、葉物なら三つ葉のおひたし、
たんぱく質ならホタルイカの佃煮を入れたりしました。
因みに、この頃富山で獲れるホタルイカは、ほぼ100%メス。
産卵の為に一番栄養を蓄えている為、富山の旬のホタルイカが最も美味と
言われています。

11225590_1576342879321408_348897641_n.jpg

4 味のバランスを考える。
どうしても、防腐を考えて「甘辛い」ものが多くなりがちですが、
「酸味」で飽きずに食べられるよう気を付けています。
酸味のあるものは、塩分を控えることもできるし、これも防腐に役立ちます。
疲労回復にも効果的ですね。

重宝しているのが、ピクルス、酢卵です。
ピクルスは、三食の野菜で作っておけば足りない彩りにも使えますし
保存食なので、朝の調理なしで手軽に利用できます。
酢卵は、趣向を変えてごはんに乗せても、もりもり頂けますよ。

5 お弁当でバランス的に不足したものは、朝晩で補う。
三食作っていると、これができるのが利点ですね。

以上、至極当たり前のことではありますが、無意識に気を付けるように
なっていたことです。
毎日作りながら「栄養」と「美味しさ」って、繋がっているんだなって
わかりました。
お弁当作りって、奥が深いです。
そして、今まで自分のお弁当は、残りものや好きなものに偏りがちでしたが、
旦那さんのお弁当作りに合わせて、自分のお弁当も同じようなおかずが
入るようになりました。
そのおかげで、すこぶる調子が良いのです。
大切な人のことを考えて丁寧に作るということが、自分の勉強にもなり、
最終的に自分の食生活のケアにもなる...。
「For you」と「For me」って、紙一重だと思うのですよね。
そんなわたくし、6月末には、トレランレースに参加致します。
まずは完走できる下地作り、自分なりに考えて挑んで参ります。
完走したら、書きますね...。完走しますけど。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読