「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年4月23日

アスリートフードマイスターとして はじめての登壇

はじめまして!アスリートフードマイスターの貴田都代子と申します。
仕事の幅を広げようと一念発起し 勉強を始めました。

資格取得後すぐの昨年12月に東京都世田谷区にて
『ジュニア世代のための食事学セミナー』で講演をさせていただきました。
過去に料理学校で長年教壇に立っていたこともあり、
人前で話すことには自信があったものの、
アスリートフードマイスターのとしての登壇ははじめてです。
『参加する方々の目線で話せるだろうか』 
『質問に的確に答えられるだろうか』 等々
重くのしかかったプレッシャーに負けてしまいそうでした。
当日、次々と会場に来られるお母様方
(キッズを指導されているコーチもおられました)
笑顔で『こんにちは』とご挨拶して下さるも
 『必ず何かを習得して帰るぞ!』という気迫が突き刺さってきました。
だんだん緊張も高まり、私の笑顔はひきつっていたかもしれませんね。

そこで!
今まで一生懸命頑張って勉強してきたこと。
思い返して 『デキル!』『デキル!』できました!

私の事はさておき、講座の内容について...ですが
簡単栄養学から始め、年齢別食事・競技別食事・タイミング別食事
さらに今日から使えるレシピ紹介 質疑応答と、
ジュニアアスリートフードマイスターの講座内容にも匹敵する濃いものでした。

参加された皆様は、終始真剣に聴講され、お配りした資料にも
 しきりにメモをされていました。
会場は十分な広さではなく、プロジェクターも使えませんでしたが、
皆様との距離が近いのが逆にアットホームな空気になったのか 
質疑応答では ほぼ全員の方が質問されました。
お話を聞いていると、野球、サッカー、水泳、ゴルフ、スケート(フィギア)
乗馬、ダンス等々...
ジュニア世代の幅の広さ、層の厚さを感じました。
と、同時にスポーツと食事の関係性の重大さを伝える人
(我々のような伝道師)が足りない!と 実感しました。

私は普段 管理栄養士として 生活習慣病予防の
食事指導をしております。
健康維持のための食事に関する情報はあふれんばかりにあり、
食事に関する悩みがあれば どこへ行って誰に相談すればよいのかが
すぐにわかる世の中ですよね。
『週末試合だから、食べる事で調整の仕方を教えて』
という方が簡単にアドバイスを受けられる。
そんな世の中にしていかなきゃ!
この思い 持ち続け アスリートフードマイスターとして
努めてまいりたいと思っております。

アスリートフードマイスター  貴田都代子

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読