「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年1月26日

『食べる』と『運動』 大切な関係 ☆ ひじき大作戦◎

はじめまして。
ジュニア・アスリート・フードマイスターの中村 清恵です。
 私がこの資格を取るきっかけになりましたのは、自身でマラソンをするようになってから 食と運動の関係にとても興味を持ったからです。
 マラソン歴は今年で5年目、2年前からはトレイルランニングも始めました。
資格を取得したのは昨年の春。勉強している最中にも食の大切さを実感、
昨年のシーズン中は今以上に食事に気をつかって トレーニングをしました。

私が注目したのは鉄分。
今まではあまり気にしていなかったのですが、ランニングすると着地の瞬間に足の裏で赤血球が壊れたり、女性は貧血の心配もありますね。
 サプリメントで摂るのは やはり気が進まず・・
食事でと思いましたが 私自身レバーが苦手な事もあり
考えた中、
ひじきを毎日の食事の中で多く取り込もうと思いました。

 ひじきは味付けをして煮ておけば いろんな料理に使えます。
ひじき煮を作るときには、人参、千切り生姜を入れて、
醤油・砂糖・酒でシンプルに味付けをするのがオススメです。
 人参は油で炒めて、カロチンの吸収アップで↑↑

・納豆に入れたり(納豆に入れるときは、ひじきに味がついてるので醤油はなしで)
・豆腐の上にのせて 上から軽くポン酢をかけて「ひじポン豆腐」
・卵焼きやオムレツに入れて焼いたり

 変わったオススメでは、
・福神漬けとひじき煮を和えて カレー粉で味付け
これは おつまみ風になるのでイイですよ☆

ひじき.JPG

 いろいろ変えると、毎日の食事に簡単に取り入れる事ができます。
あとは一緒にビタミンCの多い野菜や果物を一緒に摂る事、
カフェインを一緒に摂るのを控えるなど
気を使うとより効果的ですね。

 昨年のシーズン中はこの ひじき作戦で
100キロマラソン・トレイルの大会・フルマラソン・多数のマラソン大会をケガなく、体調も良く過ごせました。
 「食べる力」=「走る力」を実感できたシーズンでした。
 北海道は今はオフシーズンです。春のオンシーズンも楽しく走れるように、
食べて勉強して、より一層よい結果が出せるように頑張りたいです。
 みなさんのコラムも見て、いろんな事を吸収できたらと思います。
どうぞ よろしくお願いします。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読