「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2014年11月17日

健康的に太るには

こんにちは。ジュニアアスリートフードマイスターの坂本晶子です。
 私がこの資格をとったきっかけは息子が器械体操をしていたことからで 私自身は今は特にスポーツをしていません。そんな私が先日、健康診断を受けました。私、身長152.5センチ、体重37.3キロ。
そう、痩せすぎなんです。痩せたくて痩せた訳ではなく、昨年末からやせ始めました。元々 胃下垂である私は太る体質ではなく、食事をすると胃が腸の前まで垂れ下がり、下腹が出てしまうので腹直筋下部を鍛える必要があるそうです。ダイエット情報はいくらでも入手できますが、太りたい人のための情報は 日頃、なかなか 目にしないと思いませんか?
では、健康的に太るためには 食事面ではどういうことに気をつけたら良いのでしょうか?

<1> 欠食をしないこと
1日3食必ず摂ること。太るためにも朝食はしっかりと食べて昼、夕食のカロリーも変わらず摂取することで 総カロリーは増えるわけです。朝食を摂った分、昼食があまり食べれない、ということがないようにする注意が必要です。

<2> 栄養バランスのとれた食事を心がける
太ることばかりを意識して 糖類中心の偏った食生活では必要な栄養素が不足して体の機能が正常でなくなります。

脂肪と炭水化物、つまり、体脂肪の材料となる成分の摂取を心がけます。それには やはり、ご飯です。ご飯には炭水化物だけでなく、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルも含まれており、筋肉量の増加にも役立つ食品です。ご飯を中心に 栄養バランスのとれたおかずを摂取することが大切です。

ここまで読んで 何かお気づきになりませんか?
そう、<1>欠食をしない<2>栄養バランスのとれた食事というのは アスリートもダイエットしてる人も太りたい人も 皆、同じように気をつけたいことです。あらためて、食生活の基本の大切さを痛感します。
そして、私には体重のことでの悩みを聞いてくれる人がいます。素人考えのアドバイスではありますが、1回の食事が少量なら1日5回食べてみたら、とか、スポーツしてる息子と同じ物を食べたら、などと言ってくれる人がいます。「太りたい」と言うことは 「いい悩みね」ではないのです。悩みを聞いてくれる人がいることは 大事ですよね。

今回、健康診断を受けて 自分の体形から食生活を見直すこともできました。
豊かな食事は心も豊かにすると思っています。息子には 一番息子を知っているコーチ、先輩、仲間に感謝する気持ちを忘れずに 競技生活を全うしてほしいと思っています。
息子のようなジュニア選手は学校と練習の毎日ですが 翌日に疲れを残さず ケガや痛みに強くなりますように。そして 支える家族、特に料理を担当することの多いであろう母は周りと比べない、とわかっていても比べてしまったり、わが子は強くあってほしい、上手になってほしい、と思っているはずです。
一緒にがんばっていきましょう。

坂本さん11月17日.jpeg

参考:「太りたい人の健康的に太る方法」
http://slism.jp/communication/how-to-gain-weight.html

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読