「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2014年7月28日

"ぎっくり腰"に学ぶ

こんにちは。
アスリートフードマイスターの野畑 朋枝です。

もう何年も前のことですが、バレエのレッスン中、グランジュテ
(大きいジャンプの意。大きな水溜りを跳び越えるように片脚を振り上げて跳び、
その脚で着地。もう片方の脚は上げたまま下がらないようキープ)で着地した瞬間、
腰に衝撃が・・・ぎっくり腰です。
腰の痛みや違和感のような前兆は特になく、あまりにも突然のことでただただ驚き、
何でこんなことに・・・とものすごくショックだったことを覚えています。

ぎっくり腰(急性腰痛発作)の原因には
肉離れ・ねんざといった腰椎周辺の関節・筋肉・靭帯・の一時的な障害・損傷、
腰を支える機能の低下や疲労の蓄積 などが挙げられます。
※ 腰椎(ようつい):一般的に背骨とよんでいる骨・脊椎は、椎骨とよばれる
一つ一つの骨が連なってできている。
頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎1個、尾椎1個の 計26個がだいたい標準。
腰のあたりに位置するのが腰椎。
   
今になって考えてみると、バレエは、上半身が上から下半身が下からお互いに
引っ張られ、体に一本の軸が通っているようなイメージの真っすぐな姿勢が基本で、
トウシューズは、脚の筋肉だけでなく、上体を引き上げ全身の筋肉を働かせないと
立って踊ることができません。
姿勢を整えることで腰にくる負担も軽くなるのですが、
それがきちんとできていないまま続けたことや、ジャンプの負荷などが
疲労となって腰に蓄積し、その結果、
ぎっくり腰を招いてしまったように思います。
レッスンも年数を重ね、「魔女の一撃」と言われるほどの激しい痛みを再び
繰り返さないように

・ストレッチやウォーミングアップを念入りにクールダウン・腹筋・背筋・
体幹トレーニングも忘れずにしっかりと
・体を冷やさない
・日常生活・動作の姿勢に気をつける
など、自分なりに日々の積み重ねを大切にしています。

そして、さらに食事の面からも気を配ることができれば鬼に金棒(のはず)。
腰を支える骨と筋肉を丈夫に・・・注目すべき栄養素と含まれる主な食品

★骨を丈夫にし、筋肉をスムーズに動かすために必要なカルシウム
       牛乳・乳製品・小魚・小松菜・水菜・ゴマ
★カルシウムの吸収率を高めるビタミンD
       サケ・サンマなどの魚類、きのこ類
★骨へのカルシウムの沈着を促すビタミンK
       納豆・ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・海藻類
★骨や筋肉を作るたんぱく質
★関節を強くするコラーゲンの生成に働くビタミンC  など

 AFM 01野畑.jpg

02野畑.jpg

上の写真は冷しゃぶ。たんぱく質・疲労回復のビタミンB1がたっぷりの豚肉と、
カルシウムを含む水菜とゴマ・ゴマだれの組み合わせ。

下の写真はサケときのこのクリーム煮と一品いろいろ。
ビタミンDを含むサケときのこ・お好みの野菜の、カルシウムとたんぱく質が豊富な
牛乳がベースのクリーム煮。    
(左から)しらす干しとひじきの混ぜご飯・納豆と豆とオクラのネバネバ・小松菜と
桜えびのおひたしにも、それぞれ注目すべき栄養素が含まれています。

これらは、骨折・関節の痛み・肉離れといったケガの回復や予防にも有効です。
主食・主菜・副菜とさまざまなメニューに取り入れて、
効率よく摂るのがオススメです。

アクシデントに負けない強い体作りを目指しましょう!!


参考文献
『防ごう!治そう!スポーツのケガ』 山本利春 河出書房新書
『専門医がやさしく教える腰痛』 久野順一 PHP研究所 
 

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読