「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2014年7月21日

アスリートの水分補給

 こんにちは。ジュニアアスリートフードマイスターの坂本晶子です。
7月に入り、暑さが本格的になってくるこの時期ですから 今回は水分補給についての
お話です。
先日受講した「アスリート+プラス」での内容の確認も含め、お伝えします。

 人間の体の約60%は水分だと言われており、1日に2?の水分を摂ることが
理想的です。
では、アスリートは いつ、何を どのくらい飲めば良いのでしょうか。
スポーツの種類によっても変わってきますが、以下をご参考になさってみてください。 

 運動前の目安量は試合中に水分が摂れるか否かで変わりますが
250ー500mlが目安とされています。
運動中は1時間ごとに500ー1000mlを200ml程度に分けて飲むことが理想的です。
運動後は 運動で失われた水分を補給しないと疲れを感じることになるので 
水分補給を遅らせることはよくありません。
また、運動後の体重の減少は2%を超えないようにしましょう。
たとえば、体重50kgの人なら運動後に1kg以上、60kgなら1.2kg以上減っていたら 
水分が足りてないことになるのです。

 そして、汗は水分だけでなく 電解質も排出します。市販のスポーツドリンクを
賢く使うには 汗をどのくらいかいているかによって変わってきます。
 
 発汗量が多ければ 塩分が必要です。しかし、塩分が必要でも
消費エネルギー量が少なければ カロリーオフタイプのスポーツドリンクを、
消費エネルギーが多ければ スポーツドリンクが良いでしょう。
 また、発汗量が少ない場合は 塩分は必要ありません。
ただし、塩分不要でも 消費エネルギー量が多ければ 糖質の加わったドリンク
(例はちみつレモン)を、塩分不要で消費エネルギーが少なければ 
水分補給は水で良いでしょう。
概ね、1時間程度のウォーキングが これにあてはまります。

このように、発汗量によって 補給するのにふさわしい水分は変わってきます。

 最後に、私自身にかけてもらった感慨深い言葉をご紹介します。
          
「地球の生物は みんな 水が必要だよ」

人間だけでなく、動物も昆虫も植物も水分が必要です。
命あるものを大切にしている暖かい人の言葉であると同時に
 水分の大切さをストレートに感じる言葉です。

パフォーマンス向上のために ぜひ、上手に水分補給をして 
この夏を乗り切ってください。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読