「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2014年3月 3日

子供達が大好きなハムとウィンナー

こんにちは。ジュニアアスリートフードマイスターの江里 愛と申します。
今回からブログ連載の仲間入りをさせていただきます。
よろしくお願いします。

さて、我が家には5歳の息子と1歳の娘がいます。
5歳の息子は幼稚園に通っており、毎日お弁当持参なんです。

ウィンナーやハムが大好きな息子のおかずリクエストはいつも...
「ウィンナー入れて!」

そう、卵焼き・ウィンナーはお弁当の定番中の定番。
母からしても、ホイッとお弁当箱に放り込めるウィンナーは忙しい朝の救世主なので
ついつい出番が多くなってしまいがちです。

そのほか、ハムやベーコン、チーズなど。
お弁当にも、朝食にも
便利な加工品についつい頼ってしまう毎日。

それらの便利な加工品にほとんどと言っていいほど使われている
食品添加物「リン酸塩」
こちらは多量に摂取するとカルシウムの吸収を阻害してしまうとか。
きれいなハムやウィンナーを作るための結着剤として使われているので
市販品で入っていないものを探すというのは至難の業のようです。

しかし息子が毎日楽しみにしているそのお弁当で
丈夫な骨づくりが邪魔されているのだとしたら、これは大変!

毎日のことなので、少しは気を付けていきたいなと思い
我が家ではハム・ウィンナーをなるべく減らすことにして
かわりに鶏ハムと塩豚のストックを常備することにしました。

鶏ハムは色々作り方がありますが
我が家のものは胸肉に大さじ1の塩とお砂糖をなじませ1日置き
くるっとラップで丸めてゆでるだけ。と簡単です。

こだわりポイントとして、黒糖の「ざらめ糖」を使っているので
コクがあって美味しく、息子にも好評です。

ウィンナーの代わりに、お弁当に入れたり
サラダにのせたり、野菜色々とパンに挟んでも美味しいです。

江里さんハム.JPG
塩豚は、これも買ってきたらすぐ塩をすり込んで
キッチンペーパーにくるみ冷蔵庫で数日置くだけ。
5日くらいもつので、料理にちょこちょことつかえて便利で
ベーコンの代わりにポトフに使ったり、チャーハンの具にしたり。
パンチェッタのようにうまみが凝縮されていて美味しいので
パスタにも使えますよ。

鶏胸肉や、豚の肩ロースを使えば
良質なタンパク質の摂取もでき、一石二鳥です。


とはいえ、ウィンナーは私も大好き。
たまには、食卓に登場します。
そんな時は、ボイルしてからいただくことにしています。
ボイルすることで、添加物も少し減るようです。

便利な加工食品とも、上手に付き合って
毎日のお弁当やごはん作りを頑張っていきたいと思います。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読