「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2013年8月 5日

夏の紫外線予防にビタミンC

こんにちは。
ジュニア・アスリートフードマイスター&野菜ソムリエ&ベジフルビューティーセルフアドバイザーの浦田尚子です。

本格的な夏の到来。炎天下での運動、試合観戦、練習など。紫外線予防のためには日焼止めを塗ったり、衣服で調節したり、帽子、サングラスなどの対策がありますが皆さんはいかがでしょうか。
今回は「紫外線予防」と野菜&果物についてです。

実は野菜や果物の中には紫外線予防の効果が含まれるものがあります。それは、おなじみのビタミンCです。ビタミンCには
・メラニン色素の生成予防
・お肌のハリや弾力を与えるコラーゲンの生成

美肌につながる成分が含まれています。また、抗酸化作用が高く、女性に不足しがちな鉄分の吸収を助けてくれます。
ビタミンCが多く含まれるのは、イチゴ、レモンや柑橘類やキウイフルーツなど。
野菜ではピーマン、ブロッコリー、パセリ、カボチャ、トマト、ニンジン、ジャガイモ、そして今が旬の夏野菜、「ゴーヤ」など。
通常、ビタミンCは熱に弱いのですがゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので卵などで一緒に炒めるゴーヤチャンプルなどおススメです。ゴーヤは苦味があって苦手という方は下処理として苦味成分の白いわた部分をしっかり取り除きましょう。

是非、この夏は積極的に紫外線対策に夏野菜をとって、外からの対策もしつつ、カラダの内からも紫外線対策をしてみませんか。

今回はゴーヤを使ったジュースを紹介します。
「ゴーヤ&バナナの紫外線予防ジュース」
130805-01.jpg
<材料1人分>
ゴーヤ 30グラム
バナナ 90グラム(小1本)
牛乳  50CC
水   40CC

<作り方>
1 ゴーヤは白いわたの部分を取り除き
1口大に切り、その他の材料と一緒に
ミキサーで30秒かくはんします。

<ポイント>
バナナを凍らせて使うと冷たいスムージー風になります。
ゴーヤの苦味部分、白いわたはしっかり取り除きましょう。


◆個人BLOG:美活★生活ベジフルのススメ
http://ameblo.jp/ununnaoko/
◆毎日新聞ポータルサイト『毎日キレイ』にてコラム執筆中!
http://kirei.mainichi.jp/practice/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
アスリートフードマイスター養成講座
http://athlete-food.jp/
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読