「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2013年6月14日

アスリートフード料理教室 第二弾!~スポーツで壊れないカラダを作るメニュー~

皆様こんにちは。アスリートフードマイスター養成講座事務局の田中です。
今回は事務局より5月26日に開催された第二弾・料理教室についてレポートさせて頂きます!!
二回目の料理教室、テーマは...『スポーツで壊れないカラダを作るメニュー』です。
アスリートフードに興味のあるたくさんの方にご参加いただきました。残念ながら日程が合わず、ご参加頂けなかった方、そのイベントは知らなかったけど、次回は是非参加したいという方のためにも、当日の様子をレポートさせて頂きます。

◆アスリートフードセミナー

130614-01.jpg

今回の講師は鈴木よしみさん(ジュニア・アスリートフードマイスター)です。まずは、調理の前に今回のメニューのポイントについてのお話です。ポイントは疲れにくい体を作る、筋肉を作る、怪我をしないカラダを作るという点です。それぞれに適した食材のレクチャーがありました。特にスポーツをしている方ならほとんどの方が悩まされるのが怪我。技術を上げても怪我で試合に出られなくては元もこもありません。参加者のみなさんもここは特に耳を傾けていました。骨の強化、腱やじん帯の強化、関節の痛み、肉離れ・捻挫にはこの栄養を取って下さいという説明でした。例えば関節が痛いという方には、コラーゲンを取る為に鶏皮、手羽元などを入れましょうという内容です。
改めて説明を聞いていると、知っているようで知らない話もたくさんありました。なによりも『へぇー』と思わずうなずいてしまうような豆知識も沢山教えて頂きました!
参加者の皆さんもとても熱心にメモなど取っていたのが印象的です。

◆デモンストレーション~調理スタート!

130614-02.jpg
130614-03.jpg

まずは鈴木さんによる、スムージー作りのデモンストレーションです。フルーツ+豆苗も加えて栄養満点グリーンスムージー♪皆さんには出来あがった料理と一緒に試食の時に召しあがって頂きました!
そして、鈴木さんの分かりやすいところは家族の声(実際に食べる人の声)を交えながら教えてくれるところです。だから『ひじきはそのまま入れると口の中でチクチクして家族に不評だったから、細かく切った方がいい!』とか、『今回のカレーはさらっとした食感の方がいいから、カレールーも細かく切って下さい!』
とか、食べ手まで想像させる内容でした♪カレーの仕上げは彩鮮やかに枝豆を乗っけて完成です!このカレーは鉄分補給 練習後・試合後の疲労回復メニューです。

130614-04.jpg

そしてもう一品目の鶏手羽のトマトスープは、怪我をしない、疲労回復、美容にもグッドなメニューです♪手羽元もフライパンでしっかりと焼いてからスープへ投入!手羽元が怪我をしないカラダ作りを助けます。色合いがきれいなメニューですね。

130614-05.jpg
130614-06.jpg

◆お皿に載せて、試食の時間!
実際に作って頂いたお料理をそれでは...実食♪
さらっとしていて食べやすい!栄養満点でおいしー!といった声も聞こえて来ました。
今回は4つの班に分かれて調理して頂きましたが、試食の時にはみなさん和気あいあいとされていて、同じ班の方と情報交換されたり、班の皆さんで一緒に写真を撮られていました!レシピを知るだけでなく、交流の場としても楽しんでいただけたのではないかと思います♪ 
                        
130614-07.jpg
130614-08.jpg
130614-09.jpg
130614-10.jpg

◆アンケート&次回のお知らせ
「ひじきの使い方が広がった」「皆で作れ、本でレシピを見ているより実際に出来ると段取りがわかるので良い」「とても楽しかった」という声を頂きました。嬉しい限りですね。
事務局では講座の他にも色々なイベントを今後も企画して参りますので、ご興味ある方は是非是非ご参加下さい。以上、アスリートフード料理教室~スポーツで壊れないカラダを作るメニュー~のレポートをお届けいたしました☆

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読