「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2013年5月27日

食べて、食べて、5月病撃退!

こんにちは。
ジュニア・アスリートフードマイスターの中坪元気です。

年始からダイエットを初めて、目標だったマイナス6 kgを達成しました。夏に向けて気温の上がる今がダイエットには一番適した季節かと思います。

 しかし、中にはダイエットどころではない方もいらっしゃるかもしれません。『5月病』で心身ともに疲労がたまってぐったり。特に環境の変わった方は慣れない作業と緊張のボディーブローが効いてくる頃ではないでしょうか。

 疲労回復は、アスリートにとって急務です。
パフォーマンスが低下するばかりか、ケガの危険すら出てきます。
食べ物を意識するだけで疲労感はだいぶ変わってきます。今月は、そのお話。

〇「心」の疲労回復
 おススメは和菓子です。
 甘いものを食べると"セロトニン"と呼ばれる癒しホルモンが分泌されて幸福感がアップします。これこそがスイーツの魔力の正体です。
 ただ、せっかく幸福感が得られても体重が増えてしまえば一気に逆効果。和菓子をおススメするのは、洋菓子に比べ脂肪分が少なく食物繊維(小豆由来)も豊富で太りにくいからです。

〇「身」の疲労回復
 食欲があればビタミンB群を多く含む豚肉、ウナギなんかがおススメです。代謝を活性化して体を生まれ変わらせましょう!
 個人的なおススメはフルーツです。食欲関係なく食べられますし、水分が多いのでカロリーもさほど気になりません。ビタミンCが豊富ですし、何よりクエン酸は疲労回復の特効薬です。

 私の場合、フルーツの入った和菓子"いちご大福"を片手に「心」「身」の疲労と日夜戦っています。

疲労なんかに邪魔をさせてなるものか!

一緒にがんばりましょう!!

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読