「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2013年4月25日

アスリートフードマイスター交流会実施レポート@東京

皆様こんにちは。アスリートフードマイスター養成講座事務局の谷山です。
4月14日(日)に東京では第2回目となるアスリートフードマイスター交流会を開催いたしました。
活動報告や新設コースの発表では熱心に聞く姿があったり、また自由交流会では食べる時間がもったいない!と思う程話し込んでいたり、名刺交換している様子が印象的でした!(当初の予定より時間を延長するほどでした♪)
27名のジュニア・アスリートフードマイスター、アスリートフードマイスターの皆様が参加し、一堂にたくさんの方が集まる貴重なこの機会を楽しんでいました。
その様子を詳しくレポートしたいと思います。

◆開会挨拶~アスリートフードマイスター養成講座のいま
130426-01.jpg

開始前からたくさんの方にお集まりいただきました。皆さん資料に目を通していたりと、とても熱心・・・。
協会挨拶後、アスリートフードマイスター養成講座の現状として受講生数、資格取得者数についてや、活動・活躍の場をご紹介しました。事務局からのご紹介はもちろんですが、こんなことをしたい!とご相談いただいたり、今回の交流会のような場で修了生同志の繋がりから活動の場も広がると思います。
出会いや自主的に発信しよう!という気持ちを大切にしていただきたいと思います。

◆新設コース発表 ~アスリートボディケア・セルフトレーナーコースって?~
130426-02.jpg

2013年5月より新たに「アスリートボディケア・セルフトレーナーコース」が開講します。
アスリートをサポートしていく上で、食の知識を身につけるだけでなく、身体やトレーニングのこと、メンタルのことなどなどアスリートをもっと理解しなくては...と感じている方も多いのではないでしょうか?
そこで、アスリートのことをより深く理解するために、身体の機能や構造を知り、ボディケアの基礎知識と技術を学ぶコースとして「アスリートボディケア・セルフトレーナーコース」を開講します。
説明後、スタッフへの質問もあり、改めて皆様の熱心さが伝わりました。
【コース詳細はこちら】http://athlete-food.jp/contents/hp0003/index.php?No=2&CNo=3#bct
※なお、交流会ご参加の方からのお申込みも相次ぎ、第1期は満席となりました。ご了承ください。

◆参加者自己紹介 ~熱い思いが続々と~
130426-03.jpg
130426-04.jpg

30秒で自己紹介をお願いします!とお伝えしましたが、アツい想いを伝える方が多く、時間オーバーになる方が続出(笑)交流会でお話したい方をチェックしながらメモを取っている方が多かったです。
自分の関わっているスポーツやご自身のお仕事、やりたいことをPRしている方が多く、とても和やかな雰囲気でした。後に大盛り上がりとなる自由交流会の前哨戦のようでした。

◆活動報告実績 ~アスリートフードマイスターの活動とは?~
130426-05.jpg

まず始めにJリーガーの奥様でいらっしゃるアスリートフードマイスター 鎌田唯さんよりプロサッカー選手の日々の食生活についてお話いただきました。
旦那さんが最高のパフォーマンスを出すために、日々の食事管理をする奥様の役割はとても重大です。
さまざまな工夫をこらしたメニューやオリジナルの自己管理ノートを活用しているそうです。
試合前日の定番メニューはなんと「トンカツ」だとか。以前、前日に食べて勝ったというエピソードから、縁起を担いでのことだそう。でも、試合前日にトンカツ?油分が多く消化の悪いトンカツはアスリートフード的にはNGのはずですが...。
そこはアスリートフードマイスターの奥様の腕の見せ所。お肉は油の少ない部位を使い、油で揚げないでトンカツに見たてます。豚肉に多く含まれるビタミンB1はエネルギーを効率よく補うために必要なビタミンなので、試合前日の食事にはピッタリの食材。調理を工夫してご主人の気合も入る献立にしているのですね。相手に寄り添ったすてきなサポートですね。このようなサポートにより怪我をすることなくシーズンを終えることができたそうです。
アスリートフードマイスターとしてサポートをしっかりして、結果を出した例として、大変興味深いお話しをいただきました。
130426-06.jpg
続いてはアスリートフードマイスターの曽根由佳里さんより個別食事アドバイス実績についてお話いただきました。昨年スキースロープスタイルの選手に対して食事アドバイスを行った曽根さん。
競技名すら初めて聞く、という状態からどのように選手とのコミュニケーションを図り、信頼関係を築いていったのでしょうか。

選手とは、直接会ってお話したり、メール交換するだけでなく、実際に試合に足を運んで競技を知る努力したり、真摯に向き合った結果、活動終了後も結果の報告が来るほど信頼関係が築けたそうです。
食事アドバイスは相手の生活に関与すること。難しさを感じながらもやり遂げた様子が伝わりました。

このようにアスリートフードマイスターのお二人から実際の活動内容を発表してもらうことで、参加者の皆様の今後の活動のヒントになったのではないかと思います。

◆自由交流会 ~アスリートフードを楽しみながら~
130426-07.jpg
130426-08.jpg
130426-09.jpg

アスリートフードマイスターの交流会、ということで話しのタネに最近話題(!?)のアスリートフードを囲んで、交流会を行いました。乾杯は運動時の水分補給に最適と言われる、中村瑞松園の「スポーツばん茶」。はごろもフーズの「シーチキンアスリート」を使ったサンドイッチと井村屋の「スポーツようかん」。アスリートに注目した食品を今後もチェックしてみてくださいね!

そんな軽食をつまみながら、自由交流会がスタート。自己紹介後ということもあって共通のスポーツに関わっている方に話しかけたり、名刺交換をしたりと最初から大盛り上がりでした!
今後一緒に何か活動をしよう!と話している方もいらっしゃいました。
みなさまの今後の活躍が楽しみです!
130426-10.jpg

2時間があっという間に過ぎ、終了後も交流されている方が多くいらっしゃいました。

4月は仙台、東京と交流会を実施しましたが、今後は大阪、札幌でも開催予定です。
同じ志を持った方々が集まれるこの機会、ぜひご参加ください。スタッフ一同お待ちしています!

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読