「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2012年12月13日

アスリートフードマイスターとしてトークをしました!

12月1日夢の島陸上競技場で行われた【夢の島Healthy Run】。
中野ジェームズ修一さんがスタート前に「ランニングストレッチ講座」を、ゴール後には「心拍トレーニング講座」を行う10kmと5kmの2種目のマラソン大会。
その後アスリートフードマイスターによる「スポーツのための食レッスン」がプログラムになっていました。

中野さんは福原愛ちゃんのトレーナーも務め、みごとオリンピックメダリストに導いた方。ランニング雑誌にもよく登場する方です。
その後にステージに立つ式次第となっていました。

この日は高知県の山北みかん(生産者:沢村さん)が参加者に配られました。
このみかんをメインに、走った後の補給のポイントと日頃積極的に摂りたいものの2点に絞ってトークを準備しました。

幸いにも私自身がマラソンを8年やっておりますので、自分の成績や大会での経験談、普段の食事のことなども取り入れたトークにしましたら、皆さん興味を持って最後まで聞いてくださったようです。うなずいていたり、メモをとったり、問いかけに答えてくださったり。準備していたトーク内容の半分も触れなかったのですが、事前に勉強した栄養学のことよりも、むしろ実体験を交えたお話の時の方が皆さん目がキラキラしていました。
私の前に行った中野さんの講座に絡めたトークにしたのも良かったかなと思います。

自分自身がマラソンをしながら常日頃感じているのですが、栄養学の知識が豊富なことは大切ですが、同じスポーツをすることで体の声を身をもって体験しないと、食事のアドバイスは難しいということです。気象条件や練習を行った環境によって体が必要とするものが微妙に異なり、教科書通りではないことをいつも感じています。
中野さんの後のご紹介で「誰?アスリートフードマイスターって何?」と思った方も多かったとは思いますが、同じランナー目線でありながら食事アドバイスをしたことでレッスンがなりたったような気がします。

走ることが楽しくてマラソンを続けていますが、これからもさらなる上のタイムを目指して、そしてより信頼をもってもらえるような食事アドバイスができるよう日々精進していきたいと思います。

ブログ:http://feel-the-scene.at.webry.info/ 走っている時が一番シアワセ♪♪♪


■アスリートフードマイスター養成講座ホームページ
http://athlete-food.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読