「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2012年12月10日

点火してこそエネルギー!

アスリートフードマイスター 佐藤明子です。
この度上級試験(渋谷3期)合格、晴れてジュニアを卒業いたしました。
正直言って上級内容は難しいです。テキスト丸暗記では対応できません。
でも宝箱のように、必要なエッセンスが詰まっています。
本気の方、ぜひ上級にもチャレンジしてみませんか?
私もクライアントの方と同じ目線でサポートできるように
またロールモデルとしても情報発信できるよう、更に研鑽してまいります。
今後とも、ご指導の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて今回はカーボローディングのお話です。
よくて大会1週間前、ギリギリだと木曜日くらいに聞かれることはありませんか?
「大会前、何食べたらいいでしょうか?」
ごはん、おもち、うどん、バナナ、カステラ etc...
大会直前にエネルギーになる糖質を摂りましょう、というのは周知の事実...
ですが。
(よろしくない例)
胃が重いほど、おなかいっぱい食べちゃって気持ち悪い。
なんか喉までモノが詰まってる気がする...

カーボローディングは、胃にモノを詰め込むことが目的ではないのです(笑)
糖質はグリコーゲンとして体内に吸収されてこそ、エネルギーとして貯蔵されます。
ガソリンを満タンにした車も、エンジンかけなければ動かないのと同じです。
試合前は緊張やストレスから免疫力が低下したり
消化器系の調子が落ち、消化吸収に時間がかかりがちです。
せっかく食べるカーボ、しっかりエネルギー転換するにはどうしましょうか。

●食べ慣れたもの  好きなものだと体内吸収がよくなります
●柔らかいもの   胃に負担をかけずにすみます

そしてストレスが多くかかると、身体が耐えようとして副腎皮質ホルモンが作られますが
この時本来エネルギー転換に必要なビタミンCが使われてしまいます。
もったいない!
普段からビタミンCを含む野菜・果物を意識して摂ってみましょう
そして直前にはこころもち多めに。
体内に潜んでいるエネルギーをこれでもか!と引っ張り出してくれて最後まで頑張る力になってくれます。
もちろん他の栄養素も普段からしっかり摂ることで、基礎が整いカーボローディングを加えることで本番の爆発力がアップすること間違いなし。

わたしはこれで神戸マラソン、自己ベスト更新しました!
ネットタイム 3時間11分31秒。
121210-01.jpg
より高みをめざすために、この冬は食事で土台作りに励みます。
一緒にスポーツと食を楽しんでまいりましょう!

個人ブログ「ナチュラリズム」
http://happy-naturalism.at.webry.info/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読