「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2012年11月 5日

「アスリートの食卓」スキルアップセミナーに参加して

開催日時:2012年8月28日(火)
場所:日本野菜ソムリエ協会
講師名:堀内康代先生
講座名:「アスリートの食卓」
 
121105-01.jpg

ジュニア・アスリートフードマイスター 磯村 貴子です。
もともと体を動かすことが好きで、自身のパフォーマンスによい食事を見直したいと思い、アスリートフードマイスターの勉強を始めました。
「ジュニアアスリートフォードマイスター」として、この資格をどのように活用してよいか、そんな思いから、初めてのスキルアップセミナー、堀内康代先生の「アスリートの食卓」に参加しました。

なかなかプロのアスリートの食事を見せていただける機会はありません。
堀内先生から、ハンドボール選手、格闘家、競歩の選手、プロボクサー、スキーデモンストレーターの方々の食事内容、トレーニングやコンディションを整える食事など、写真やアスリートの方のお話などを通じて、食事実情を知ることができました。
時間が経つのを忘れるくらい、ホットで目からうろこ・・・先生のお話は熱くて、すごい!!
改めまして、堀内先生、ありがとうございます。

「あなたなら、この食事についてどのようなアドバイスをしますか?」と、先生に促していただき、拙いながらも、アスリートの方の食事例でアドバイスをさせていただきました。
121105-02.jpg
やはり、実践あるのみ!!

ジュニア野菜ソムリエで、かつアスリートフードあることがあります。ただ治療よりも予防!日々のコンディションを整えることが前向きで、より素敵なパフォーマンスにつながると思います。

現在、お子さんがスポーツされるお母様方へのアドバイス、国体出場のスキー選手の方への食事のアドバイスもさせていただいております。もっともっと経験を積んでいきたい!と思っています。

格闘技好きな先生はアグレッシブで、そして優しく思いやりの満ちたコメントを下さり、そっと背中を押されたセミナーでした。
先生には負けてしまいますが、叔父がアマのキックボクサーで、小さい頃からトレーニングする姿を見ていたので、格闘技は好きです!そして、私自身は殺陣、和太鼓のパフォーマンスをしております。自分自身の食事にも役立てながら、アスリートフードマイスターとして、活動していきたいと思います。

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読