「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2012年8月 6日

夏バテを防ぐ!

こんにちは。
ジュニア・アスリートフードマイスター&野菜ソムリエ&ベジフルビューティーセルフアドバイザーの浦田尚子です。

梅雨が明け一気に夏モードへ。外気温と内気温差で体調が崩れ、食欲も落ち夏バテになりがちです。今からでも夏バテにならないよう対策をして楽しく夏を乗り切りましょう。

まず、夏バテの原因、実は梅雨時期から始まっています。
低気圧のせいでカラダの巡りが滞り代謝が悪くなることで疲労が少しずつ溜まり夏にピークになります。ピークに達すると食欲も落ち、ごはんが食べられないことでさらに疲労回復が遅くなります。そのためには梅雨時期から疲れを残さないように食事で工夫することが大事なのです。
ここで改めて、スポーツを楽しむためには「食事」がとても大切です。
そして食べるタイミングもポイントとなります。私たちのカラダを動かすのに必要なエネルギーは「自分の口にしたもの」から得られます。

■ビタミンB1で夏バテ予防!
疲労回復にはごはんやパンなどの糖質(炭水化物)をしっかり食べることが大事です。
この糖質の吸収をよくするのがビタミンB1。
ごはんとビタミンB1を多く含むおかずをとると夏バテ防止の疲れにくいカラダへ近づきます。ビタミンB1はとりにくく&不足しがちな栄養素なので意識してとりましょう。

■ビタミンB1を多く含む食材は
豚肉、レバー、うなぎ、玄米、雑穀、全粒粉のパン、豆類、緑黄色野菜など
土用の丑にうなぎを食べるのも理にかなっています。
その他、豚肉のしょうがやき、豚肉の冷しゃぶなどもおススメです。

是非、意識してビタミンB1をとり今年の夏は夏バテ知らずで過ごしましょう!
ちなみに糖質は、ごはんやパン、パスタ、うどんなどに含まれるほかに野菜や果物、乳製品にも含まれています。
今回は野菜の中でも糖質を多く含むジャガイモを使ったレシピを紹介します。
ジャガイモはビタミンB1、ビタミンC、カリウムを含んでいます。
カリウムは体内の余分な塩分を体外へ排出してくれる効果もあるので水分が溜まりがちになるこの時期には嬉しい食材です。

「簡単☆ジャガイモのピザ」
120806-01.jpg
<材料2人分>

ジャガイモ       2個
ピザソース(市販)/ピザ用チーズ         

<作り方>

1.ジャガイモは皮ごと蒸すかラップに包んでレンジで約3分。
2.半分に切り、断面にピザソースを塗りチーズをお好みの量かけます。
3.オーブントースターでチーズが溶けてきたら出来上がり

<ポイント>

ここで使ったジャガイモは首都圏を中心に販売されている
ノースイ冷凍野菜シリーズ
「野菜ソムリエが選んだベイクドポテト」を使いました。
これを使えばさらに簡単にできます。おススメです。


◆個人BLOG:美活★生活ベジフルのススメ
http://ameblo.jp/ununnaoko/
◆毎日新聞ポータルサイト『毎日キレイプラクティス』にてコラム執筆中!
http://kirei.mainichi.jp/practice/

■アスリートフードマイスター養成講座公式ホームページ
http://athlete-food.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読